イルーヴァタール

概要

カテゴリー人名
スペルIlúvatar
その他の呼び名エル (Eru)
唯一なる神、至上神 (the One)
種族唯一神
性別不明
生没年不明~
なし
兄弟なし
配偶者なし
アイヌアエルフ人間

解説

クウェンヤで「万物の父(Father of All)」の意。唯一神エル*1のこと。繋げてエル・イルーヴァタールとも呼ばれる。全能神であり、万物の創造主。
アイヌアは彼の思考から生まれた者達で、またエルフ人間イルーヴァタールの子らにあたる。アルダ(地球)は彼が示した主題にアイヌアと子らが参画することによって創造され、紡がれているものである。

「すでに汝らに明かせし主題により、われは汝らが調べを合わせ、大いなる音楽を作らんことを望む。われは汝らに不滅の炎を点じたり。故に、汝らそれぞれに、思いを尽くし、工夫を尽くし、持てる力を尽くしてこの主題を飾るべし。われはここに坐して聞き、汝らの力により、大いなる美が目覚めて歌となるを喜ばん」*2

万物の父

世界が始まる前、イルーヴァタールは時なき館においてアイヌアを生み出し、かれらに「主題」を示して創世の音楽(アイヌリンダレ)を奏でさせた。メルコールが起こした不協和音のために音楽は三度の変更を余儀なくされたが、その度ごとにイルーヴァタールは新たな主題を示し、三つ目の主題は不協和音をも取り込んで一つの音楽となって終わった。
するとイルーヴァタールは、音楽が実はアルダ(地球)の姿とその歴史を形作るものであったことを明かし、虚空不滅の炎を送り出してエア(世界)を創造すると、アイヌアの中で望む者はエアに入って実際にアルダを創造することを命じた。(ヴァラールマイアール

さらにアルダで生を受ける存在としてイルーヴァタールの子らを生み出し、エルフには世界の圏内で最高の美を案出する能力(「不死性」)を、人間には世界の運命に束縛されない自由(「死すべき運命」)を、それぞれ贈り物(Gift)として与えた。これにより、アルダの創造は細部に至るまで完遂されるのだと言われている。

アルダへの介入

エアの創造以後、アルダの管理と発展はヴァラールの采配と子らの働きに委ねており、アルダの内側にいる者達からはイルーヴァタールの意図は隠されている。だがヴァラールの内でマンウェのみは、自らの心の奥深くに呼びかけることでイルーヴァタールの声を聞くことができた。

ドワーフの誕生
子らの目覚めを待ちきれないアウレが独断でドワーフを作り出した時、イルーヴァタールは自らアウレに語りかけてその真意を問い質した。アウレが恭順を示してドワーフの父祖たちを打ち殺そうとし、それに父祖たちが怯える様子を見せると、イルーヴァタールは憐れを催してアウレを赦し、ドワーフをアルダの住人として嘉納した。そのためドワーフは「イルーヴァタールの養い子」とも呼ばれる。しかし「最初に生まれた者たち」であるエルフより先にアルダで生を受けることは許さず、しかるべき時が来るまでドワーフたちは眠りに就かされた。
「天地創造の時、アイヌアの考えにわれが存在を与えし如く、われは汝の願望を取り上げ、世界の中に場所を与えたり。されど、汝の製作物にわが手を加うることはせず」*3
エント大鷲の到来
ドワーフの一件を知ったヤヴァンナは、彼女の愛するオルヴァール(植物)ケルヴァール(動物)子らにほしいままに虐げられるのではないかと危惧し、マンウェに相談した。マンウェが黙想していると、イルーヴァタールはマンウェの心の内に語りかけ、再びアイヌアの歌の光景を幻視させると、子らが目覚める時にはエント大鷲もまたアルダで生を受けることになっていると告げた。
「汝ら、ヴァラたちよ、汝らの中には、かの歌声のすべてを、いと小さき声に至るまで、われが聞かざりしと思う者ありや」*4
エルフの救出
中つ国エルフ族が目覚めると、メルコールはかれらをウトゥムノに連れ去ったり、影の精を送り込むなどして害をなした。このことをオロメの報告で知ったヴァラール審判の輪に集い、いかに対処すべきか合議した。最後にマンウェが心の内に問いかけると、イルーヴァタールは以下のように答えた。これにより力の戦いが起こった。
「これは、わが心のうちに聞いたイルーヴァタールの御助言である。われらは、たとえいかなる犠牲を払おうと、もう一度アルダの支配権を手に入れ、クウェンディをメルコールの影より救い出すべきである」*5
ベレンルーシエンの復活
ベレンが死んだ時、ルーシエンは彼の後を追ってマンドスの館に至り、子らの受難を哀歌にして歌ってマンドスの心を動かした。マンドスはマンウェに相談し、マンウェは心の内にイルーヴァタールの啓示を求めた。結果、ルーシエンにはエルフ人間いずれの運命に殉じるか選択が与えられることになり、ルーシエンはベレンと共に人間として生きて死ぬことを選び、共に中つ国へ戻って暮らした。この二人の結びつきから半エルフの血脈が生じた。

ヌーメノールにおける崇拝と没落

ヴァラールから直接教えを受けた上のエルフを除けば、イルーヴァタールの存在とその意味を正しく理解している者はほとんどいない。中つ国の民にとってはヴァラールの方がより身近かつ崇拝すべき対象であり、しばしばヴァラールは「神々(Gods)」と誤って呼ばれる。
一方、ヌーメノール人はヴァラールが遣わしたマイアール上のエルフから教えを受けたため、ヌーメノールではイルーヴァタールが唯一神として崇拝されていた。メネルタルマの頂上はイルーヴァタールに捧げられた聖所とされ、そこでは年に三回、国民が集まって礼拝が行われた(エルキエアメエルライタレエルハンタレ)。

だがヌーメノールが堕落するにつれて祭祀はなおざりにされた。やがて島にやってきたサウロンはイルーヴァタールの実在を否定し、メネルタルマへの参上を禁ずる。とはいえサウロンといえどもイルーヴァタールの聖所をあえて穢すことはできなかったという。

第二紀末、堕落の極みに達したヌーメノール人は人間には与えられていない「不死」を奪い取るためにアマンへ侵攻する。この事態にヴァラールアルダの統治権を一時返上して、イルーヴァタールの裁きを求めた。その結果、イルーヴァタールはアルダの構造を根本から作り変えてしまい、平面であった地表は球形となり、ヌーメノールの島は覆されて大海に没し、アマンは地上から取り除かれて世界の圏外に移された。

指輪物語』において

「その背後には、指輪の造り主の意図をも越えた、何か別のものが働いていたじゃろう。こういえば一番はっきりするだろうか。ビルボはその指輪を見つけるように定められていた(・・・・・・・)、ただし、その造り主によってではないと。そうだとすれば、あんたもまたそれを所有するように定められている(・・・・・・・)ことになる。ことによるとそう考える方が元気づけられるかもしれない。」
「そんなことないです。」と、フロドはいいました。「もっともわたしには、あなたのおっしゃることがよくわかってないのかもしれませんが。」*6

終わらざりし物語』によると、第三紀ヴァラールイスタリ中つ国に派遣する際にも、マンウェはイルーヴァタールの言葉を仰いだのだと言う。

また、本文で明確にされているわけではないが、山頂の闘いバルログを倒し、自らも力尽きたガンダルフを「白のガンダルフ」として蘇生して送り返したのはイルーヴァタール自身であったという。

備考

トールキンは敬虔なカトリックであり、イルーヴァタールはキリスト教の神と同一の存在だとしている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 何にせよ、アル=ファラゾーンへの対処を含め、未来の事も考慮して可能な限り罰を避けようとされるとも取れる部分があるので、慈悲深い御方であられるのは間違いなさそうですね。 -- 2013-11-13 (水) 20:23:17
  • なんか神々のTRPGって感じ。エルが箱庭システムのゲームを企画提案してGMを務め、ヴァラたちは初期構想に関わったりシステム改変や増築までできる強力な権限を持ったプレイヤー。人間やエルフやドワーフはAI持ちNPCまたはBOT。メルコールは誘ってはみたけどあまりに性格地雷でやんちゃしすぎてゲームからキックされた、みたいな。 -- 2015-01-08 (木) 13:53:51
    • どちらかというと、NPCやBOTはヴァラやエルフでプレイヤーが人間っぽい。システム運営チームがヴァラでBOTがエルフな感じ。死んでも同じゲームをやり続けなければいけないエルフに対して死んだら別のゲームを出来る人間?ただし残機は1機だけみたいな。 -- 2016-12-11 (日) 15:32:11
  • ウンゴリアントや名前も持たぬ者たちはイル―ヴァタールやアイヌアに作られた暗示ではないらしい。(名前を持たぬ者たちはサウロンより古くからいたらしいから、アイヌアより昔からいたのだろう) -- 2015-05-19 (火) 21:20:05
    • 名前を持たぬ者たちのコメント見るに、サウロンより古い=サウロンより昔からいた、にはならないようだけど。 -- 2015-05-19 (火) 22:25:09
      • 名前がサウロンになる前からいたってことか。 -- 2015-05-20 (水) 19:49:47
    • イル―ヴァタールの意味は「万物の父」。ウンゴリアントや名を持たぬ者たちもエルの構想に全て含まれているのでしょう。 -- 2015-06-09 (火) 15:47:12
  • 指輪物語の世界は、この神の戦いから始まって行く。聖なる神に背く元ウ゛ァラール=闇を支配する悪=メルコールとの戦い。 -- 2015-06-10 (水) 01:18:01
  • アーサー・C・クラークの『太陽の盾』に「一なる真の神エル」って文言が出てきて、トールキンネタかよ!と歓喜しつつ読み進めたらカナン人の神だった…。「エル」はセム語派で神を指す一般名詞らしい -- 2016-09-16 (金) 12:25:36
    • 綴りは違いますけどね。セム語派はEl、クウェンヤはEru。(トールキンが意識しているのは間違いないでしょうが) -- 2016-09-16 (金) 21:17:57
  • ユダヤ・キリストの経典宗教と、それ以前の文明社会の多神教の折衷型みたいな感じですか? -- 2017-01-17 (火) 02:56:19
  • 少なくとも人間もう駄目だって言って洪水で帳消しにするような神ではない。 -- 2017-07-14 (金) 10:07:09
    • 作者的にはその神と同一の存在なんだが。 -- 2017-12-27 (水) 22:27:46
    • ヌーメノールを沈めてるんだが。第一、その洪水だって人間を罰するためであって自分の行いを帳消しするためにやったことじゃない -- 2018-03-20 (火) 00:44:50
  • 旧約聖書から -- 2017-12-27 (水) 21:12:12
  • トールキンはカトリックですが、主とイルヴァタールを同一視していました。ですが神の他に神なしといった保守的な思想の持ち主ではなく、様々な役割を持つ力ある神々や精霊たちは存在すると思っていたのでしょう -- 2018-02-25 (日) 19:41:47
    • 時代を考えれば、割と柔軟な考えを持ってたのね -- 2018-02-26 (月) 04:17:46
  • 最後の備考欄はどこからの参照かわかる方いますか? -- 2018-03-19 (月) 22:35:57
    • 『或る伝記』からそう読み取れたと思います -- 2018-03-19 (月) 23:16:06
    • 「ミルトン・ウォルドマンへの手紙」からもそう読み取れますね。 -- 2018-03-20 (火) 18:27:50
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 クウェンヤで「唯一なる御方(He that is Alone)」、「唯一なる神(the One)」の意。
*2 シルマリルの物語』「アイヌリンダレ
*3 シルマリルの物語』「アウレとヤヴァンナのこと」
*4 同上
*5 シルマリルの物語』「エルフたちの到来と虜囚となったメルコールのこと」
*6 指輪物語 旅の仲間』「過去の影」 ガンダルフフロドの会話。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-20 (火) 18:27:50 (152d)