イスリン・ルイン

概要

カテゴリー種族
スペルIthryn Luin*1
その他の呼び名青の魔法使い(Blue Wizards)

解説

シンダール語で「青の賢者達」の意。中つ国の東方へ赴き、西方諸国では名を知られることのなかった、二人の青の魔法使いのこと。
指輪物語』にも『シルマリルの物語』にも登場せず、何をしていたのかも全く不明である。『終わらざりし物語』と『The Peoples of Middle-earth』は、青の魔法使いにまつわる互いに異なった話を伝えている。

終わらざりし物語』の記述

青のイスタリのアマンにおけるクウェンヤ名はアラタールパルランドであり、共にオロメに仕えていたマイアールとされる。
彼らは他の三人のイスタリクルモ(サルマン)オローリン(ガンダルフ)アイウェンディル(ラダガスト))と同じ時期、第三紀1000年頃に中つ国にやってきた。それからすぐ、二人はサルマンと共に東方へ旅をしたが、帰ってきたのはサルマンだけで、この二人の消息は途絶えたという。
トールキンは1958年の書簡(Letter#211)でふたりは密命を帯びてヌーメノール人の版図の遥か先、東と南の地域に差し向けられた使者だったにちがいない。敵地におもむく伝道師のようなものだった。かれらがどんな成果を上げたのかはわからないが、サルマンと同様かれらも失敗したが、ただし明らかにかれとは別の過ちを犯したのではなかろうか。おそらくは、サウロンの没落の後まで生き残った秘教や『魔法』の開祖となったのだろう。と述べている。

The Peoples of Middle-earth』の記述

より後期の草稿では、青のイスタリはモリネフタールローメスターモの名で呼ばれたとある。
彼らは他の三人のイスタリよりはるかに早い時期、第二紀1600年頃に中つ国にやってきて東方へ渡った。そこで二人は第三紀に至るまでサウロンの同盟軍が西方諸国に向かうことを妨害し続け、最後の同盟および指輪戦争における自由の民の勝利に大きく貢献したとされている。第三紀の初頭には、一つの指輪を失って東方に隠れ潜んでいたサウロンの居処も捜索していたが、それを見つけることはできなかったという。

派生作品における扱い

指輪物語』では本編のサルマンの台詞に五人の魔法使いの杖、『追補編』に賢人団(全部で五人いたと伝えられる)などとある程度で、サルマンガンダルフラダガスト以外のこの二人のイスタリについては情報がなく、具体的に触れられているのは『終わらざりし物語』と『The Peoples of Middle-earth』だけである。
そのため青の魔法使いの名などの権利はTolkien Estateが有しているため、Middle-earth Enterprisesの権利を元に製作されている映画『ホビット』などでは名前に触れられていない。

Iron Crown Enterprisesによる設定

終わらざりし物語』と『The Peoples of Middle-earth』双方の記述を基にして東方に渡った後の2人の足跡について言及されている。
それによれば、アラタールは「狩人(the hunter)」及び「根の運び手(the bearer of the root)」、パルランドは「魂の守護者(the soul keeper)」の名で呼ばれ、同時に「東の青き魔法使(the blue Wizard of the East)」、「南の青き魔法使(the blue Wizard of the South)」とも呼ばれたという。2人は共に東方の人間たちの指導者となり、魔法使いの教団の国フェアマルディ(Fëamardi)とルイネマール(Luinemar)を創建した。また、中つ国の南西部を根城にするナズグールハムールドワルの脅威と戦い、サウロンの勢力が拡大するのを食い止めるために、東夷の民を秘かに援助していた。結果的に、ハムールは第三紀1635年、ドワルは2941年に西方へ呼び戻された。一方で、アラタールはモルゴスの生み出した呪われた植物の生き残りを発見し、その力を利用しようと試みるなど、サルマン程ではないにせよ、野心を抱き本来の目的から逸脱した行動をとるようになった。

ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』による設定

青の放浪者(Blue Wanderers)と呼ばれる青の魔法使いと思われる者が、バルログサウアラックを封じるのに力を貸した。
また茶色の国を侵略している東夷、クンドラール(Khundlar)の軍団の中には、青い長衣を纏った魔術師たちがいる。彼らは師である強大な魔法使い、青のイロクサール(Yirokhsar the Blue)に背きモルドールに与したと言う。明確にはされていないが、このイロクサールは青のイスタリの内の一人である可能性があり、東夷の魔術師たちは、東方で彼らが設立した教団の一つであると思われる。

シャドウ・オブ・モルドール』による設定

ゲーム後半の舞台となるヌアンでは、青の魔法使が使っていたと思われる杖の穂先や星図等の遺物や、彼らを象ったと思われる彫像などを見つけることができ、それらの遺物には、彼らと邂逅した人々の記憶が宿っている。そうした記憶は、彼らが常に二人一組で行動していたこと、誰も二人の名前を思い出せなかったこと、闇の勢力を追ってモルドールを訪れていたらしいことを示唆している。

本作最大の敵であるサウロンの黒の手は、二人のイスタリの首を持って冥王の元に参じたとも言われているが、彼には他にも素性に関する違う噂がいくつもあるため、青の魔法使いたちがどうなったのか、本当の所は明らかにされていない。像には二人の功績が刻まれており、モルドールを訪れる以前は各地で魔法使いの教団を設立していたとされている。

荒削りな像にはモルドールへ強大な悪と戦いに来た二人の不思議な魔法使いが描かれている。この二人は呪われた国から最後まで逃げられなかったようだが、彼らの偉業は詳細に描かれたため、中つ国の魔法教団の設立はこれに影響を受けた可能性がある。

彼らは二人とも道を通って来た。どちらも遥か遠くまで旅をして、多くを見すぎたような厳しい目付きをしていた。どちらも魔法使いで埃まみれになっていた。一方が話はじめ、そいつが考えるために話すのをやめると、もう一方がその話をまとめる。まるで脳みそが一つで口が二つあるみたいだった。とても不気味だったが、どちらもそれに気付いている様子はなかった。

彼らは闇の連中を探していると聞いた。見つかったかどうかは知らない。だが事を荒立てようと思えば、いくらでもできただろう。

Bluewizardsmordor.jpg

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • アラタールとパルランドは第三紀、他の三人のイスタリと同時期に中つ国に来ましたが、ローメスターモとモリネフタールは第二紀に中つ国に来たことになっているので、一方が一方の変名だとはちょっと考えづらいです。かといって、東方に赴いた青の魔法使いが二種類いた、ということも考えづらいので、草稿ごとの別設定だと解すのが妥当ではないかと。 -- 2013-05-11 (土) 06:42:19
    • 単に到来時期の設定が変わっただけじゃね? -- 2013-05-11 (土) 09:17:36
      • 仰る通りですが、到来時期と同じように名前も変更された可能性があるので、直ちに変名と考えるわけにはいかないのでは、ということです。もしトールキンが一方を一方の別名として設定したのであれば、ガンダルフ=オローリンやサルマン=クルモの例のように必ずどこかで言及を残しているはずだと思うのですが、それがない、というのは、一方の名称案が破棄された可能性を消極的に示唆しているのではないかと。(クリストファー氏があくまで「不明」とのみコメントして判断を避けている理由もそこにあるのではないかと) -- 2013-05-14 (火) 13:14:05
  • 任務に成功したのか失敗したのかのどちらかさえ不明だけど、個人的には成功したか、何かしら世界に良い影響を与えたと思いたい。 -- 2013-08-21 (水) 20:08:53
  • 想像図https://www.google.co.jp/search?q=Ithryn+Luin&lr=lang_ja&hl=ja&biw=1920&bih=961&tbs=lr:lang_1ja&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=ohNCVM_dO8LZmgWZ-IHABQ&ved=0CAYQ_AUoAQ -- 2014-10-18 (土) 16:16:23
  • 記録に残ってないだけで、指輪戦争後に割とあっさりと帰還してたり・・・・ -- 2014-10-18 (土) 16:29:17
    • マンウェのイメージカラーの青をまとっていて、狩人であるオロメに仕えていたとか、どんな使命があったんでしょうね。ひょっとしたら任務達成してたのかもしれませんよね、何にも分からないんだし。 -- 2015-02-05 (木) 22:52:15
      • 青の衣についてはマンウェのイメージカラーではなく、「海の青」だと述べられている箇所があります。いずれにせよ何故その色なのか、なぜ二人とも青なのか、等謎は多いですが。 -- 2015-02-05 (木) 23:54:25
      • 5人のイスタリはすべて太陽由来の色をつけています。サルマンは太陽光の白、ガンダルフは褪色の灰、ラダガストは脱色の茶、青の二人はおそらく青々とした緑と海の青でしょう、いずれも太陽に照らされて色がつくものですから -- 2018-01-06 (土) 20:33:04
  • 『Fate』とかのTYPE-MOONの世界観では「本当の魔法使いは5人しかいない」となっていて、そのうちのひとりの名前が蒼崎青子。やっぱり意識しているんでしょうかね… -- 2015-02-06 (金) 11:38:14
  • 赤表紙本みたいな記録がアジアの何処か、大学の書庫とかから発見されれば彼らの足跡もわかるんでしょうがね… -- 2015-06-05 (金) 01:43:13
  • ヤハウェと同一とされるイルーヴァタールの伝道のために東と南に向かって、伝道に失敗して別の秘教や魔法の開祖となったというと、世界3大宗教になぞらえて、それぞれ仏教とイスラム教の開祖になったという感じだろうか。いかに今現在有力な宗教と言えど、敬虔なキリシタンだったトールキンからすれば「失敗」と言えたかも。 -- 2015-10-19 (月) 20:45:41
    • 具体的な何々宗の開祖になったというよりは、新約聖書でイエス降誕を占星で予測してやって来た「東方三博士(マギMAGIすなわちマジックやマジシャンの語源)」のような存在の開祖であることを漠然と暗示しているのでしょう。
      詳述するには紙幅が足りませんが、西欧にはこのような「オリエントは神秘的な秘術・魔術の源泉」と見なす伝統が2000年以上に渡ってあり、またそれと関連してプレスター・ジョンのような「東方にはエキゾチックなキリスト教者がいる」という伝承が複合的に発達してきた歴史があります。トールキンが念頭に置いていたのはおそらくこのような東方魔術とキリスト教にまつわる膨大な複合伝承群の方だと思われます。 -- 2015-10-19 (月) 21:47:07
    • ゾロアスター教やマニ教の、あるいは最高神は直接創造には関わらず善神と悪神を産み、世界は彼等の闘いの舞台となる(なんと言う宗教か失念)などの方が適合しそうな気がする -- 2016-01-15 (金) 01:25:53
    • 東洋の伝説的な賢者の正体は彼らの可能性があるな。老子とか、武内宿禰とか -- 2018-01-08 (月) 22:45:54
  • 「サウロンの没落の後まで生き残った秘教や『魔法』の開祖となったのだろう」←これはつまり、魔法を人間に教えて回ったということなんですよね? -- 2016-09-08 (木) 02:38:37
  • 東方に渡ったという記述からか、中国の仙人やターバンを巻いたインドの修験者のような姿で描かれることとも -- 2016-09-11 (日) 03:09:48
  • サルマンに殺められてたって見解はあるでしょうか -- 2018-02-06 (火) 11:35:29
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 Ithrynの単数形はイスロン(ithron)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-06 (火) 11:35:29 (255d)