イスタリ

概要

カテゴリー種族
スペルIstari*1
その他の呼び名魔法使い(Wizard)*2
賢人団、結社(Order)
イスリン(Ithryn)*3

解説

クウェンヤで「賢者」の意。人間からは魔法使いと呼ばれたが、厳密には異なる。
かれらは西方から中つ国に派遣された使者であり、自由の民サウロンの脅威に抗することを援助する任務を帯びていた。人間の老人のような姿をしているが実際は人間ではなく、長い年月が過ぎても心労でわずかに老け込んでいくのみで、知的にも技能的にも様々な力を秘めていた。それぞれが固有の「色」の衣を身に纏っており、杖を携えている。
中つ国の民の中で、彼らの正体と目的を正しく把握しているのはキーアダンエルロンドガラドリエルなどのごくわずかなエルフの賢者に限られていた。

(『終わらざりし物語』によると)イスタリの正体はヴァラールより遣わされたマイアの精霊である。
ヴァラールは、かつてエルフを守ろうとして自らの栄光と力を誇示したことを重大な過ちだったと考えていた(クイヴィエーネンからアマンへ移住させた時など)。そのためイスタリは、直接力でもってサウロンに対抗することも、中つ国の民を支配することも禁じられ、あくまで助言者で援助者という立場からサウロンおよびその下僕と戦うことが要求された。
ゆえにイスタリは見せかけでない本物の人間の肉体を身に纏っていた。これによりアイヌア本来の叡智と力は曇り、飢えや恐れなどの肉体的脅威に晒され、容易に堕落することも死ぬこともありえた。
結果的に、任務を完遂して帰還したのはガンダルフただ一人であった。

このように、自ら進んで流浪の苦しみとサウロンの罠に耐えることで、かれらはその時代の悪を正したと言えるかもしれない。*4

魔法使いの結社(ヘレン・イスタリオン)

「われら両人はともに、この中つ国では最もすぐれた、古い歴史のある高等なる結社の成員ではないか?」*5

魔法使いの結社(Order of Wizards)、クウェンヤヘレン・イスタリオン(Heren Istarion)とは、中つ国でイスタリが成員となる組織である。白の会議とは別個のもの。
単に賢人団あるいは結社(Order)とも呼ばれる。白のサルマンが彼らの長と見なされていた。

結社の詳細は不明であるが、彼らは第三紀1000年頃に灰色港に上陸し、人知れず中つ国の知識とサウロンに対抗する方法を探し求めた。やがてサウロンが闇の森死人占い師としての姿をとり、その影が伸びると、イスタリは自由の民の援助者として立ち上がり、その活動が賢者や王侯達に広く知られるようになる。
イスタリの持つ性向や能力はそれぞれ異なっており、かれらは結社として一丸となるというよりも、それぞれの異なった側面から独自に自由の民を助けることを想定されていたという。

イスタリの総数は『指輪物語』本編や追補編をはじめ、全員で5人だったと読める記述が多く*6サルマンガンダルフの二名が彼らの中で上位にあったという。
だが『終わらざりし物語』に収録されている草稿の中には、中つ国北西部に派遣されたイスタリの「指導者」が五人であるとする記述があり、その総数は不明であるとされている。

イスタリの名

以上は『終わらざりし物語』に登場するクウェンヤによる名である。
終わらざりし物語』によればクルモアウレに、オローリンマンウェヴァルダ(エルベレス)に、アイウェンディルヤヴァンナに、アラタールパルランドオロメに属する民であったとある。
ただし青の魔法使いの二人に関しては『The Peoples of Middle-earth』などに異説もあり、はっきりしない。詳細はイスリン・ルインを参照。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • なんで青だけ二人いるんだろうね。 -- 2015-05-17 (日) 20:59:09
  • 常時フルパワーで魔法合戦を繰り広げていたら、例えサウロンを瓦解させても中つ国は焦土と化しますよね? -- 2015-05-19 (火) 09:32:40
    • イスタリとなったマイアール(技巧や夢幻や動植物への愛を能力とした者達)や、本質的にはあくまで組織化のマイアであるサウロンに、即座に天変地異を頻発させるような力はないと思われます。それらの能力を駆使して自由の民や自然法則に働きかけることで、長期的かつゆるやかに自然や人心を左右していくことは可能でしょうが、もともと第二紀以後の中つ国はアイヌアの影響力が低下していく時代にあたりますので、それすら困難になっていくと考えられます。サウロンはそのために力の指輪を作らせて自分の影響力を保持強化しようとしたわけですから、マイアールといえど指輪の力を借りなければ大きな事を成し遂げられない時代になっていたのでしょう。 -- 2015-05-19 (火) 19:03:22
    • 一つの指輪がないサウロンや、マイアの力を取り戻したイスタリ程度では中つ国を焦土には出来なさそう。前者はマイアとしては格も力も高いが、肝心要の力を封じた指輪がないし、後者はマイアとしては然程強力ではないようだし。 -- 2015-05-19 (火) 22:57:08
  • 指輪が失われたという前提では、どうやって使命を完遂するつもりだったんだろう? サウロンを完全に滅ぼす方法は無さそうだし、ひたすら抵抗を支援し続けるだけ? -- 2016-01-15 (金) 00:24:28
    • サルマンは指輪を求めてあやめ野を探索していたようだし(途中から目的が変わっているけど)まず見つけるところからスタートだったのかも -- 2016-03-26 (土) 21:13:30
    • その方法を含めての任務だったんじゃないですかね。2000年調査した結果、やはり指輪を滅ぼす他ないという結論に達したというだけで。 -- 2016-03-26 (土) 21:20:10
  • アラゴルンはガンダルフやサルマンの正体をイスタリと知っているのだろうか? -- 2016-03-28 (月) 23:29:25
    • イスタリというのは魔法使いの意味なので知ってる。マイアールだって知ってるのはキーアダンやガラ様、エルロンドくらい。 -- 2017-02-18 (土) 10:20:28
  • ヴァラールにとって、アイヌアの力を直接行使してサウロンと戦う(=それによって中つ国の民が受ける被害をやむなしとする)ことは「子どもは後から作れるから少し位死んだり殺したりしても構わない」という理屈と同じになるんですよね? -- 2016-09-30 (金) 02:32:20
    • 大局的に見れば、蔓延した病原体を完全に駆除する為には、環境が多少、破壊されても構わない、仕方がないとのスタンスかも。 巻き込まれた側からしたら、たまったモノではないが😱 -- 2016-09-30 (金) 05:57:27
      • ノアの箱舟の話と同じだろうか -- 2016-10-01 (土) 16:54:36
    • 森を見て、木を見ない。 人間、エルフ問わず、個々の忠実なる者なんか、どうでも、いいんだろう。 -- 2016-09-30 (金) 18:18:27
      • スランドゥイル、エルフときて、次はヴァラールですか() -- 2016-09-30 (金) 22:29:20
    • アイヌアの力を動員することで民や地形が疲弊する「物質的な被害」よりも、アイヌアの威光を目の当たりにすることで自由の民の自主性や自由意志が阻害されてしまう危険があるという「精神的な弊害」の方をヴァラールは重大視していたと考えるべきかと思います。(ヴァラールが後悔したのはエルフをアマンへ招致した一件であって、ベレリアンドが崩壊した怒りの戦いではないことに注意) -- 2016-10-01 (土) 00:01:28
      • ようするに、ニート状態になると? -- 2016-10-01 (土) 00:50:12
      • ↑それもありうるでしょうが、そればかりではないでしょう。 -- 2016-10-02 (日) 09:19:15
    • さらに言えば、アイヌアが軍を起こしたからといって必ずしも広域破壊が起こるとは限りません。力の戦いや怒りの戦いで中つ国北西部が破壊されたのは、アイヌアの軍勢だったからではなく「相手がモルゴスだったから」という可能性の方が高いです。 -- 2016-10-01 (土) 00:16:21
  • 賢人団・結社の原語にthe Wiseが挙げられていますが、「イスタリの結社」の意味でthe Wiseが使われている箇所ってありましたっけ?わたしが見た限りではthe Wiseは白の会議か、個々の賢者(エルフも含む)の意味でしか使われていなかったように思います。 -- 2016-10-02 (日) 09:30:14
  • ミドルアース・プリキュアはよ -- 2017-03-24 (金) 03:13:04
    • プリキュアはともかく、今のご時世なら五人のうち一人くらいは若い女性が混じっていてもおかしくない気はするな。見た目は若いけど中身は気品のあるエルフ的な人物像になりそうだけども -- 2017-09-15 (金) 22:03:49
  • アラタールとパルランドでなく、ローメスターモとモリネフタールの方だったらサウロン打倒に貢献してるから、アマンに帰還できたかも。 -- 2017-04-17 (月) 21:58:07
  • ヴァラとマイアには男女の区別があるけど、イスタリはどうなんだろ? 見た目的にはガンちゃんもサルマンも爺さん=男性だよね。 -- 2017-07-19 (水) 10:27:02
  • wizardの訳語が魔法使いや魔術師で定着しちゃってるのが、我々の世界を何か間違った方向へ導いてしまった感があるよね。 -- 2017-10-28 (土) 12:38:52
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 クウェンヤ。単数形イスタル(Istar)
*2 wis「賢い」+-ard「大いに……するもの」からなる語で、原義は「賢者」の意である。
*3 シンダール語。単数形イスロン(Ithron)
*4 終わらざりし物語』「イスタリ」
*5 指輪物語 二つの塔』「サルマンの声」 ガンダルフを懐柔しようと試みるサルマンの言葉。
*6 二つの塔におけるサルマン五人の魔法使の杖を手に入れという発言や、追補編この賢人団(全部で五人いたといわれている)という記述など

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-28 (土) 12:38:52 (115d)