アヴァルローネ

概要

カテゴリー地名
スペルAvallónë
その他の呼び名

解説

トル・エレッセアにある港湾都市。アヴァルローネの名は、すべての都市の中で最もヴァリノールに近いことから付けられたという。
ヌーメノール人の反逆以前は、この港からエルフの船が交易のためにヌーメノールを行き来していた。ヌーメノールから視力の聡い者が西方を臨むと、アヴァルローネの白い塔が見えたという。
アヴァルローネの塔には、忠実なる者たちに送られたパランティーアの親石があったと言われる。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • アーサー王伝説でいうアヴァロンに紐付けたネーミング。つなげたかったんでしょうね。 -- 2008-10-04 (土) 08:53:52
  • ヌーメノールのドゥーネダインとの交易といっても、エルフが欲しい物品が思い付かない。アマンからは金銀宝石や魔法的な技術や知識などが輸出されていたのは想像できるが、代わりに人間側は何を支払っていたのだろう 。 -- 2018-08-03 (金) 19:12:29
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-03 (金) 19:12:29 (16d)