アンドゥリル

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルAndúril
異訳アンデュリル
その他の呼び名ナルシル(Narsil)
折れたる剣(Sword that was Broken)
折れた(やいば)(Blade that was Broken)
エレンディルの剣(Sword of Elendil)
鍛え直されたる剣(Sword Reforged)

解説

クウェンヤで「西方の焰(Flame of the West)」*1の意。アラゴルン二世の剣の名で、エレンディルの剣であった折れたる剣ナルシルが鍛え直されたもの。

ナルシル

エレンディルの剣はオーク人間を恐怖に陥れ、太陽の光との光に輝き、ナルシルと名づけられていた。*2

元々は第一紀ドワーフの名工テルハールによって鍛えられたという剣であり、クウェンヤナルシル*3と呼ばれていた。

エレンディルの振るうナルシルは、ギル=ガラドの振るう槍アイグロスと共にモルドールの軍勢に多大なる脅威を与え、最後の同盟軍はダゴルラドの戦いで勝利を得る。滅びの山の裾野で行われた最後の戦いにおいても、エレンディルはナルシルを手にサウロンと戦ったが、エレンディルは斃されてナルシルは彼の体の下で二つに折れた。
イシルドゥアは折れたナルシルの柄に残った刃で、斃れたサウロンの指を切り取って一つの指輪を我が物とする。

こうしてナルシルは折れたる剣となったが、サウロンの手から指輪を失わせたこの剣は、サウロンにとって憎しみと恐怖の的になる。

折れたる剣

かれエルロンドの前に置かれたテーブルに自分の剣を投げ出しました。剣の刃は二つに折れていました。「ここに『折れたる剣』がある!」と、かれはいいました。*4

イシルドゥアはこの折れた父の剣も携えてアルノールへの帰路についたが、その途中あやめ野オークに襲撃されて落命する。ナルシルの破片は、イシルドゥアに命じられてその場を脱出したオホタールによって持ち出され、オークの略奪から救われた。

以後ナルシルは北方王国の宝器として受け継がれ、北方王国が滅亡してからは他の宝器(バラヒアの指輪アンヌーミナスの王笏エレンディルミア)と共に裂け谷に預けられた。
その間ずっとナルシルは折れたままにされていたが、これはサウロンの一つの指輪が再び見出されたとき、折れたる剣も鍛え直されるべしエルロンドによって予言されたからである。

アラゴルン二世が成人すると、折れたままのナルシルは、エルロンドからアラゴルンに与えられた。フロド・バギンズが初めてアラゴルンと会ったときにも、アラゴルンは折れたままのナルシルを持っていた。

アンドゥリル

エレンディルの剣は、エルフの刀鍛冶たちの手によって新たに鍛え直されました。その刀身には、弦月と放射状の太陽の間に七つの星を並べた図様が刻まれ、その図様の周りにはたくさんのルーン文字が書かれました。これも、アラソルンの息子、アラゴルンが、モルドールの国境での戦いにいで立つがためでした。再び完全に作り直された剣は耿々たる光を放ち、陽の光が射せば赫々と燃え、月の光が当たれば沈々と輝きました。そしてその刃は堅牢鋭利でした。*5

エルロンドの会議一つの指輪が確認され、指輪の仲間の出立が定まると、ナルシルはエルフの刀鍛冶によって鍛え直され、アラゴルン二世から新たにアンドゥリルと命名されて彼の佩剣となった。
指輪の仲間がロスローリエンに立ち寄ったとき、ガラドリエルはこの剣のためにしつらえた鞘をアラゴルンに与え、この剣はたとえ戦いに敗れようとも、決して折れたり汚されたりすることはないと予言した。

それは金銀で細工した透かし模様の花と葉でおおわれていました。そしてたくさんの宝石で飾られたエルフのルーン文字で、アンドゥリルの名と、この刀の由緒が記されていました。*6

角笛城の合戦の後、オルサンクパランティーアを手に入れたアラゴルンは、それを使ってサウロンに挑戦し、鍛え直されたアンドゥリルを目の当たりに示す。遺恨のあるこの剣が、エレンディルの世継ぎによって鍛え直されたと知ったサウロンは大いに怒り、予定より早く西方との全面戦争を引き起こした。
ペレンノール野の合戦では、戦場に駆けつけたアラゴルンの振るうアンドゥリルは再びモルドールの軍勢の脅威となった。この戦いの後、アラゴルンはアンドゥリルをもはや鞘に収めず黒門の戦いに撃って出た。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

アラゴルンフロド達と出会ったときに持っているのは別の剣で、彼が指輪の仲間と共に裂け谷を出発したときも、ナルシルは折れたまま裂け谷に保管されている。『王の帰還』において、ナルシルはアルウェンの助言によって鍛え直され、エルロンドによって馬鍬砦にいるアラゴルンのもとへ届けられた。
イシルドゥアの世継ぎであることを証明する印として、死者の道死者の軍勢を従わせるのに使われた。

柄頭にはフェアノール文字で、次のようなクウェンヤが彫られている。

Narsil essenya, macil meletya / Telchar carnéron Návarotesse
(ナルシル エッセンヤ、 マキル メレティア / テルハル カルネーロン ナーヴァロテッセ)

Narsil my name, mighty sword / Telchar made me in Návarot
(ナルシルが我が名、大いなる剣 / テルハールナーヴァロトにて我を鍛えき)

刀身には柄側に彫られた太陽と剣先側に彫られた三日月の間に、アンゲアサス・ダイロンで次のようなクウェンヤが彫られている。更にこれらの単語の間に光線八条の七つの星が彫られている。

Dndr(Anar) / Nányë Dndúril(Andúril) i né Narsil i macil Elendilo Lercuvanten i móli Mordórëo / Isil*7
(アナール / ナーンイエ アンドゥーリル イ ネー ナルシル イ マキル エレンディロ レルクヴァンテン イ モーリ モルドーレオ / イシル)

Sun / I am Andúril who was Narsil the sword of Elendil. Let the thralls of Mordor flee me / Moon
太陽 / 我はアンドゥリル、エレンディルの剣ナルシルたりし者。モルドールの奴隷は我から逃げよ /

剣が鍛え直されるシーンは、映画で実際に武器を制作した職人が、エルフの刀鍛冶に扮してカメオ出演している。

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』における、裂け谷で保管されているナルシル『ロード・オブ・ザ・リング』におけるアンドゥリル

グッズ

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

テルハールがナルシルを作ったとき、フェアノールが金剛石から作ったという、シリタールという宝石がはめ込まれた。折れたナルシルを鍛え直すのには、失われたシリタールが必要という設定になっている。アラゴルンの依頼によってその宝石の在処を求め、イヴンディムを捜索するというクエストが存在する。

画像

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるアラゴルン(裂け谷で鍛え直されたアンドゥリルに名を付けた場面)

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • テルハールとエレンディルでは時代がぜんぜん違うと思うんだけど、エレンディルの手に渡るまでに、どんな経緯があったのだろう? -- 2009-03-11 (水) 17:12:37
    • エルダール・エダイン王家を通してヌーメノールに伝えられていたか、或いは中つ国帰還後にギルガラドあたりから直に与えられたのか。ヌーメノール王家にはトゥオルの戦斧とかも伝えられていたそうだし、最後の同盟あたりまでは第一紀の武具が結構残っていたんでしょう。同じくテルハール作の龍の兜とかも残ってたらよかったのに。 -- 2009-03-11 (水) 22:48:38
  • 模造武器店ではバスタードソードとして日本製の模造アンドゥリルが売っているらしいですね…結構いい値段らしいですが -- 2009-05-01 (金) 09:39:50
  • 映画版では、アンドゥリルで敵と戦うシーンがペレンノール野と黒門前、ほんの数分しかない。どちらかと言うとパランティーアを通してサウロンに剣を見せてビビらせ、死者の軍勢に言うこと聞かせるためだけのアイテムのようになっていた。 -- 2009-09-28 (月) 11:04:18
  • ノグロドで鍛えられたこの剣が、どういう経緯でエレンディルの手に渡ったのか気になる。 -- 2012-03-26 (月) 10:22:23
  • 映画でアラゴルンがこの剣の前に使っていた剣の行方が気になる -- 2012-03-26 (月) 10:41:37
    • エネロンドが持ち帰っていたりして(笑) -- 2012-03-26 (月) 11:41:10
      • エルロンド? -- 2012-04-02 (月) 01:30:41
    • アラゴルン「もうこっちはいらねーや。」  ポイッ(笑) -- 2012-04-19 (木) 19:57:37
    • 新しい剣を手に入れたら「はがねのつるぎ」は売るものです。 -- 2012-12-23 (日) 17:29:08
    • 馬が逃げてしまう場面で、ブレゴの左側に以前の剣がついているように見えます。 -- 2013-03-15 (金) 20:38:11
    • アラゴルン「また折れてたたまんねぇから予備で持っとこ」 -- 2013-04-27 (土) 12:44:26
    • ストライダーソード(レプリカの商品名。いだてん丸?)は、エルダリオンに受け継がれ、以後王位とアンドゥリルを継ぐ前の王位継承者が武者修行中に佩くようになった、とかいうのはどうか -- 2015-01-28 (水) 03:02:37
      • 韋駄天丸か。漁船とか馬の名前で実際にありそうw -- 2015-05-13 (水) 08:58:53
    • そういえば映画で使っていた短剣には銘があるんでしょうか?最後まで使っていましたが -- 2015-05-05 (火) 19:17:40
      • 銘は不明ですが、シンダール語で"Foe of Morgoth's realm"という意味の"Gud Daedheloth"と刻まれています -- 2015-05-05 (火) 20:57:02
  • 最初読んだ時「折れたる剣」というものだから、折れたナルシルの柄の側の半分とかを単体で使えるようにしたんだと思ってた頃があるw -- 2013-05-17 (金) 15:41:55
    • 「ガッカリの剣」みたいになりそうだな -- 2014-01-13 (月) 03:36:46
      • サウロンを倒した剣なんだから、折れていたとはいえ、それなりの価値があるんじゃないかと思うけど。イシルドゥアに倒されたあと、力はあったものの、どこか不完全な状態だった姿しか出てなかったよね。呪術で隠したり。 -- 2015-05-06 (水) 17:29:51
      • グルグルかw -- 2016-06-12 (日) 01:32:43
  • 原作ではブリーでフロドに見せていましたけど、常に携帯してたんでしょうか?「たいして役に立たぬ」剣で任務をこなしてたのか、はたまた、他に剣を帯びていたのか、フロドに会うことを見越して持ち出したのか…気になる所です -- 2014-03-06 (木) 19:48:55
    • 他に武器は持ってたんじゃないですかね。折れたままのナルシルでもサウロンの指を切り取れるくらい鋭いのは確かですが、武器というよりも自分の出自を示すもの・及び父祖伝来の形見の品として大事に携帯してたのではないかと。ご先祖様と血筋を重視する世界ですし。 -- 2015-05-13 (水) 08:53:10
    • 移動中、邪魔になりそう。 -- 2016-02-08 (月) 11:36:58
  • 王者の剣の元ネタだからこれくらい… -- 2016-02-08 (月) 10:19:36
    • グラムドリングとくらべてどっちが剣としてすぐれてますかね? -- 2017-08-29 (火) 21:57:51
      • 鍛えた人がテルハールだからなあ。初代冥王の鉄冠からシルマリル切り出したアングリストや、グラウルングも恐れた竜の兜の製作者だし。グラムドリングの製作者がわからんからナルシルに1票。 -- 2017-08-30 (水) 15:10:52
  • この剣はマジでカッコいい!!!!! -- 2017-05-23 (火) 19:18:09
  • ホビットのEE版だと、裂け谷に保管されてるナルシルがチラっと映ってたな。 -- 2017-11-03 (金) 18:47:02
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 「西」の意のアンドゥーネ(andúnë)と、「輝き」の意のリル(ril)を合わせた語。夕陽のことではない。
*2 シルマリルの物語』「力の指輪と第三紀のこと」
*3 The Letters of J.R.R.Tolkien』のLetter 347によると、エルフ語の語幹で「火(fire)」の√NARと、「白い輝き(white light)」の √THIL。すなわち闇の敵である太陽(Anar)と(Isil)のこと
*4 指輪物語 旅の仲間』「エルロンドの会議」
*5 『旅の仲間』「指輪、南へいく」。弦月と訳されているが、原語はthe crescent Moon(三日月や暁月のような細い月のこと)
*6 『旅の仲間』「さらば、ロリアン」 ガラドリエルから贈られた鞘
*7 一部の単語ではAのルーン文字が誤ってDの文字になっている。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-03 (金) 18:47:02 (201d)