• ゲームについてはAngbandを参照してください。

アングバンド

概要

カテゴリー地名
スペルAngband
その他の呼び名Angamando(アンガマンド)*1

解説

シンダール語で「鉄の牢獄(Iron Prison)」、「鉄の地獄(Hell of Iron)」の意。上古に存在した冥王モルゴス(メルコール)の地下大城塞。
エレド・エングリン(鉄山脈)の地下に築かれた果てしなく続く牢獄群であり、その門は山脈の南側サンゴロドリムの塔の下にあった。地上にはドル・ダイデロスが広がっていた。

シルマリルを取り付けた鉄の王冠を戴いたモルゴスは、第一紀を通じてここを根拠地とし、ベレリアンドの制圧者として君臨した。

歴史

元々は星々の時代ウトゥムノの前哨基地とするべく、メルコール鉄山脈の西側に築いた砦で、サウロンに指揮が任されていた。力の戦いではヴァラールの攻撃によって陥落したが、ヴァラールはウトゥムノ攻城を急ぐあまり、アングバンドを徹底的に破壊することができなかった。そのためサウロンやバルログをはじめとした生き残った召使達は、主人のメルコールがマンドスの砦に投獄されている間、アングバンドの廃墟に隠れ潜んだ。

やがて二つの木を枯死させてシルマリルを奪い、モルゴスと呼ばれるようになったメルコールが中つ国に逃亡してくる。モルゴスはアングバンドを再建・強化して、その門の上にサンゴロドリムの塔を積み上げると、召使達を再び集結させて第一紀を通じてそこに立て篭もり、ベレリアンドに恐怖の影を落とした。
モルゴスを追ってきたノルドールの公子たちは、400年にわたってアングバンドを包囲し、モルゴスの勢力を北方に封じ込めたものの、これを攻めることはできず、ダゴール・ブラゴルラハアングバンドの包囲は破られた。
アングバンドはエルフ人間の武力によってはついに陥落することはなく、ただベレンルーシエンのみがその地下抗深くに入り込んでモルゴスの玉座にまで達し、その鉄の王冠からシルマリルの一つを取り戻して生還するという功業を成し遂げた。これに勇気づけられたマイズロスマイズロスの連合を提唱してモルゴス打倒を図ったが、ニアナイス・アルノイディアドで惨敗を喫した。
以後、誰一人としてアングバンドを攻略することはできず、ベレリアンドのエルフの諸王国は一つまた一つと滅ぼされていった。

だが、ベレンとルーシエンによって奪還されたシルマリルの光に導かれ、ヴァリノールに到達したエアレンディルの嘆願によって、ヴァラールは再び軍勢を中つ国へ派遣して怒りの戦いとなった。この時アングバンドから解き放たれたモルゴスの総兵力はアンファウグリスに収まりきらないほどであったというが、最後にはそれも滅ぼされてアングバンドは陥落し、今度こそ徹底的に破壊されてベレリアンドと共に水没した。

構造

二人は、あらゆる危険を通り抜け、長い旅路の埃にまみれ、疲労の色も濃く、ついにアングバンドの城門前の荒涼たる谷間に来た。路傍には黒々とした深い裂け目が口をあけ、のたうつ蛇の形をしたものがにょろにょろと匍い出てきた。道の両側には断崖が城壁のように聳え、その上には腐肉を喰らう鳥たちが残忍な声で鳴いていた。二人の前には難攻不落の城門があった。それは、山の麓にあけられた大きな暗い拱門(アーチ)で、その上には一千(フィート)の絶壁がそそり立っていた。*2

アングバンドの入口は鉄山脈の南側に位置しており、その上をサンゴロドリムの三つの峰が聳えていた。正門までは城壁と砦を巡らせた谷になっており、またそこかしこに秘密の出入口が設けられていた。門には、最強の巨狼カルハロスが門番として控えていた。

その内部では一万の槌の音が鳴り響き、幾重にも交錯した通路および階段によって無数の溶鉱炉や牢獄群が結ばれた複雑な地下迷宮になっており、地の底にあるモルゴスの玉座まで延々と続いていた。

地底の最も深いところに穿たれた広間は、恐怖がこれを支え、燃える火がこれを照らし出し、殺戮と拷問の武器が所狭しと並べられていた。*3

この玉座の上からモルゴスは自らの王国を意のままに支配し、広大な地下世界でおびただしい数のオークトロルグラウルングアンカラゴンをはじめとしたなどからなる軍勢を作り上げていった。溶鉱炉から生み出される黒煙や毒煙、火焔流はしばしばサンゴロドリムや鉄山脈から放出されてベレリアンドに荒廃をもたらした。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ベレンとルーシエンがこんな巨大迷路みたいなところの最下層まで行けて地上に戻れたのはのは連れていたフアンの嗅覚のためかな?
  • ダゴール・ブラゴルラハまで、ここにいたオークやトロルって食料をどうしてたのかな。エルフに包囲されて、外からは運び込めないだろうし、上部の鉄山脈は雪と氷に覆われてるし。地熱かなにかで、地下でもやしでも栽培してたのかな。
    • 映画(第二部)みたいに共食いしてたとか・・・。 -- 勇者ああああ
    • 地下トンネルを造って、霧降り山脈から出入りしていたかも。 あまりにも長距離だがウトゥムノ跡を経由すれば可能かも。 おまけに東方の人間を勧誘(堕落)する際にも役立ったかも。 -- カンナ 2010-11-08 (月) 16:27:47
      • ウトゥムノ自体、地下のすみずみまでは完全に破壊されたわけではないから、少しの補修をすれば可能かと -- 2010-11-09 (火) 09:45:44
      • 後の時代、モリアを暴れまくったバルログは、地下のトンネル網を使って、アングバンドからやって来たのかも。 -- ももたる 2010-11-13 (土) 16:22:41
  • いったい地下何階まであるんでしょう?
  • ここはモルゴスが天国の国ようなヴァリノールに対抗して造った、地獄の国のようなものなんだろうか。
  • 中つ国歴史地図によると門からメルコールの玉座までの直線距離が30マイルもあります。でかすぎ・・・。 -- 2008-07-22 (火) 12:21:49
  • モルゴスって、ヴァラールのような移動ができたんですかね?そうでなかったら、フィンゴルフィン待ったろうな・・・ -- ナイン・ナン 2008-08-17 (日) 08:53:32
    • 少なくとも以前は可能であったことは確かですが、その当時はその力を失っていたのだと思います。一歩一歩玉座から登ってきたとの描写がありますので。 -- 2008-08-20 (水) 08:23:38
    • フィンゴルフィン長時間待ってた、想像すると激しくワロタw。でもたしかに最深部まで30マイル(48キロ!)あって、時速4kmでゆっくり登ってきたら、実に12時間・・・フィンゴルフィン、一眠りできますね。まあ、アングバンドまで怒りに任せて突っ走ってきたらしいから英気を養うにはいいかも。
      とはいえ、確かモルゴスってでかいんですよね。フィンゴルフィンが2m50cmでしたっけ?となるとこのときモルゴスは最低でも5~6mはありそうですね。となると歩幅も普通の人間の3倍以上はありそうなので、上るスピードも速かったんでしょうね。-- ボリーの用心棒 2010-08-23 (月) 16:13:31
      • フィンゴルフィンを掴んだとの記述があるので、少なく見積もってもガンダムくらいの大きさがあるかも -- 2010-11-08 (月) 16:30:00
      • 48キロ階段登ってきたら、モルゴスも結構疲れるだろうなあ…苦戦したのは足腰ヘロヘロが理由だったりして。 -- 2013-03-21 (木) 15:18:50
      • 5∽6メートルなら大魔神サイズ。 これでも充分、人なら掴めますよ。 -- 2017-09-12 (火) 17:33:56
    • 何時間もモルゴスが来るのを待っていたらその英気は萎えるかと。 -- sauron 2010-08-24 (火) 11:30:21
      • 待っている間、喚き散らしてましたからね。英気は、ともかく疲労は溜まるでしょう😸 -- 2017-09-12 (火) 17:37:28
    • 「待ちかねたぞモルゴス!」 「フィンゴルフィン敗れたり!」 -- 2012-03-01 (木) 23:33:18
      • そりゃ負けるわwww -- 2013-03-07 (木) 22:22:40
  • ベレンが人の身でここを踏破できたのはルーシエン達の助けだけでなく、恐怖のナン・ドゥンゴルセブを突破した経験も生かされてるかもしれませんね・・・。ベ「鉄の地獄?ハッ!天国に見える」ル「勇ましい御方・・・w」ファン「・・・・・・(ツッコミたいけど喋れないからノーコメント)」 -- 2013-03-11 (月) 12:48:54
    • マックスレベルの度胸試しだな。  -- 2015-03-04 (水) 14:55:37
  • 風通しも悪いだろうし、毒とか煙とか拷問とか。なんか…臭そう。 -- 2014-10-07 (火) 01:06:39
  • 人間の軍事力でここを陥落させられることができるのは、全盛期のアル=ファラゾンぐらいなものでしょうか? -- 2015-03-07 (土) 10:06:46
    • 全盛期のヌーメノールでも無理じゃないですかね。HoMEや教授の書簡見るに、モルドールを陥とすことも実際は難しかったようなので。 -- 2015-03-07 (土) 10:54:14
      • 黒龍の問題さえクリアすればヌメノール軍でもなんとかなるかな? -- 2015-03-07 (土) 13:08:19
      • 黒竜だけの問題でなく、黒竜含めた飛竜の大軍が大問題ですね。あとバルログ軍団もかなり問題になりそう。黄金王がサウロンに勝てたのは、第二紀の闇の軍勢は第一紀と比べて人材に乏しいからですし。それに全盛期のヌーメノールにべレリアンドが沈むほどの戦争をこなせるかどうかという疑問も。全盛期ヌーメノール軍vsモルゴス+オークだけの軍なら勝てるでしょうけど。 -- 2015-03-08 (日) 23:14:30
  • 暗寓幡洞とか漢字あてたくなる--トミー -- 2015-11-04 (水) 16:29:14
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 クウェンヤ形。
*2 シルマリルの物語』「ベレンとルーシエンのこと」
*3 同上。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-04 (金) 08:38:24 (19d)