アルセダイン

概要

カテゴリー地名
スペルArthedain

解説

シンダール語で「エダインの王国」の意と思われる。三国に分裂したアルノールのうち、北西の国。王都はフォルンオスト
国土はルーン川とブランディワイン川との間の土地、及び風見丘陵までの東街道北部の地域。ただし風見丘陵とそこから西のブリー郷にかけての土地は、その帰属を巡って他の二国(カルドランルダウア)としばしば争いになった。風見丘陵の風見が丘には北方のパランティーアの要である石が置かれ、ちょうど三国の国境が集中していたからである。

アルセダインはアルノール分裂後の三国の中で最後まで残った国だった。アルノール王エアレンドゥアの長男アムライスから始まる歴代の王は最後までイシルドゥアの血統を保持した。
第三紀1974年のアングマールの侵攻によってアルセダインは滅ぼされ、当時の王アルヴェドゥイ北方王国の最後の王として死んだ。彼の長男アラナルスは初代の野伏の族長となった。

アルセダインの歴代の王

アルノールの歴代の王より続く。
初代アムライスから、王の名はそれまでのクウェンヤではなく、シンダール語で付けられるようになった。
アルゲレブ一世以降、アルセダイン王はカルドランルダウアイシルドゥアの子孫が途絶えていたことを理由にアルノール全土の主権を主張し、名に接頭辞ar(a)-をつけるようになった。

名前在位
初代フォルノストのアムライス第三紀861~946 (85年間)
2代ベレグ946~1029 (83年間)
3代マルロール1029~1110 (81年間)
4代ケレファルン1110~1191 (81年間)
5代ケレブリンドール1191~1272 (81年間)
6代マルヴェギル1272~1349 (77年間)
7代アルゲレブ一世1349~1356 (7年間)
8代アルヴェレグ一世1356~1409 (53年間)
9代アラフォール1409~1589 (180年間)
10代アルゲレブ二世1589~1670 (81年間)
11代アルヴェギル1670~1743 (73年間)
12代アルヴェレグ二世1743~1813 (70年間)
13代アラヴァル1813~1891 (78年間)
14代アラファント1891~1964 (73年間)
15代最後の王アルヴェドゥイ1964~1974 (10年間)

以後北方の野伏の族長へ続く

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ドゥーネダインの全盛期に比すれば無残に衰退した感はありますが、それでも千年以上も続いてる。このあたりのエリアドールの歴史が詳しく知りたいなぁ。 -- 2008-04-23 (水) 22:45:23
  • ゴンドールを東ローマ帝国だと考えると、アルセダインはまるで滅びゆく西ローマ帝国のようですね。 -- 2010-07-11 (日) 20:37:28
  • 旧アルノール諸国ではカルドランの様に分裂する事も無くルダウアの様に乗っ取られることも無く最後までエダインの国家として戦い抜き、その残党は王の血統を守りつつ雌伏し王の帰還で再び表舞台に立ったのですよね。 -- 2012-04-19 (木) 21:39:20
    • そう考えると旧アルノール三国の中でもやはり正当な後継と言えますね。 -- 2012-04-20 (金) 02:02:17
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-09-25 (金) 20:40:58 (1095d)