アルウェン

概要

カテゴリー人名
スペルArwen
その他の呼び名ウンドーミエル(Undómiel)
夕星(ゆうづつ)、夕星姫、宵の明星(Evenstar)
夕星王妃(Lady Evenstar)
美しきアルウェン(Arwen the Fair)
裂け谷の姫君(Lady of Rivendell)
種族エルフ半エルフの血を引く)
性別
生没年第三紀241年~不詳*1
エルロンド(父)、ケレブリアン(母)
兄弟エルラダン(兄)、エルロヒア(兄)
配偶者アラゴルン二世
エルダリオン(息子)、娘数人

解説

名はシンダール語で「高貴な乙女(Noble Maiden)」の意。クウェンヤ夕星(ゆうづつ)を意味するウンドーミエルとも呼ばれる。
エルロンドケレブリアンの娘で、エルラダンエルロヒアの妹。エルフの中で最もルーシエンに似ている者とされる。

若々しいのに、若くはない人で、長く編んだ黒髪には一筋の白いものも見られず、白い腕と晴れやかな顔はしみ一つなくなめらかでした。そして、雲のない夜のような灰色の明るい目には、星の光が宿っていました。しかもその人の様子には女王の風格があり、そのまなざしには歳月のもたらすさまざまな出来事を見てきた人の思慮と知識が感じられました。頭には、その額より上のところに、小さな宝石を編みこんだ銀モールの冠物が白く光っていました。しかしやわらかな灰色の衣裳には木の葉を連ねたデザインの銀の帯のほかにはなんの飾りもついていませんでした。
こうしてフロドは、今まで限りある命しか持たぬ者の目にはほとんどふれることのなかった女人の姿を目にしたのでした。*2

アラゴルンとの恋

アルウェンは裂け谷で生まれ育ったが、ロスローリエンで過ごすことも多かった。
第三紀2951年、裂け谷に戻っていた折、20歳になって成人したアラゴルンに見初められる*3
その後2980年、旅路でロスローリエンを通りかかったアラゴルンと、たまたまその時ロスローリエンにいたアルウェンは再会し、ケリン・アムロスの丘にて婚約。その証としてアルウェンは、アラゴルンからバラヒアの指輪を受け取った。

だが半エルフのエルロンドの子である彼女と兄達は、アマンに行けば純粋なエルフと同じ永遠の時を生きることが出来るが、中つ国に留まることを選択すればいつかは死すべき運命にあったため、アルウェンの選択を知った父エルロンドは深く悲しんだ。

以後アルウェンは、旅を続けるアラゴルンを案じながら裂け谷に留まり続けたが、アラゴルンに馬ロヘリンを与えたほか、アラゴルンのために長い時間をかけて手ずから旗印を作るなど彼の難題行を手助けする(この旗印はハルバラドによってアラゴルンの元に届けられ、指輪戦争において掲げられることとなった)。
また緑の石をアラゴルンに渡すようガラドリエルに預けており、指輪の仲間ロスローリエンに立ち寄った際、出立の贈物としてガラドリエルからアラゴルンに手渡された。その結果アラゴルンは、かねて予言されていた通り「エルフの石の殿」の意であるエレスサールの名で呼ばれるようになる。

夕星王妃

第三紀3019年(大いなる年)、指輪戦争が終結しサウロンが滅ぼされると、その年の夏至にアルウェンはミナス・ティリスにおいてエレスサール王として戴冠したアラゴルンと挙式し、以降は再統一された王国の王妃として栄光の時を過ごす。だがそれは、アルウェンが中つ国を去ってアマンへ赴く権利を放棄することであり、人間と同じく限りある命しか持たぬ身となること、また父であるエルロンドら同族との、世の終わりのまで続く別れを意味していた*4
アルウェンはフロド・バギンズとの別れに際して彼が受けた傷を案じ、もし傷が癒えない時は自分の代わりに西方(アマン)へ渡るようにと、首にかけていた白い宝石を彼に与えた。

アラゴルンとアルウェンの物語」によると第四紀120年、ラス・ディネンでエレスサール王の今際を看取ったアルウェンはその目の光は消え、国民の目には、かの女はまるで星一つ出ない冬の日の夕暮れのように冷たく灰色と化したように見えたという。彼女は子供達や親しかった者に別れを告げ、ミナス・ティリスを去る。
そして、ガラドリエルケレボルンが去って沈黙の地となっていたロスローリエンに赴いて冬が来るまで一人で暮らし、最後はかつてアラゴルンと婚約した場所であるケリン・アムロスに身を横たえたという。

世が変わり、かの女の全生涯が後代の人々からまったく忘れ去られ、エラノールニフレディルももはや大海の東には咲かなくなる日が来るまで、ここにかの女の緑の塚山がある。*5

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

俳優リヴ・タイラー
日本語吹き替え坪井木の実

立ち回りが大きく変更されている。
『旅の仲間』ではグロールフィンデルの代わりにアスファロスに乗って登場。ナズグールによって負傷したフロドを父エルロンドのいる裂け谷に連れて行こうとする(この時ハザファングという剣を持っている)。その途中でナズグールに追われ、ブルイネンの浅瀬で呪文を唱えて、ナズグール達を川の水で押し流した。
アラゴルンが指輪の仲間と共に旅立つ直前、彼に自分のネックレスを与えている(原作の緑の石に相当する)。
原作『アラゴルンとアルウェンの物語』における、晩年のアルウェンとアラゴルンの姿は、アルウェンの予見という形で映画中に盛り込まれている。

『王の帰還』でアルウェンは、モルドールからの邪気のために衰弱し、そのためエルロンドによって、アマンへ逃れることを勧められる。だがアルウェンはその旅の途中で、自分とアラゴルンの子供エルダリオンの幻を見る。するとアルウェンは裂け谷に舞い戻り、ナルシルを鍛え直してアラゴルンに届けることをエルロンドに提案した。

当初予定された映画設定

当初の脚本では、『二つの塔』においてアルウェンは角笛城の合戦に参加し、鍛え直されたアンドゥリルをアラゴルンの元に届けるのもアルウェンが行う予定であった。ローハンにてアルウェンとエオウィンが出会い、エオウィンがアルウェンに嫉妬するというシノプシスも予定されていた*6
だが、『旅の仲間』におけるアルウェンの行動の原作からの変更が、原作ファンから不評だったこともあり、この脚本は修正される。角笛城の合戦は既に撮影が済んでいたが、アルウェン(リヴ・タイラー)が出演しているシーンはカットされた。

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』におけるアルウェン『ロード・オブ・ザ・リング』におけるアルウェン『ロード・オブ・ザ・リング』におけるアルウェン

グッズ

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるアルウェン

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 出番増やすのは構わないが、それならロヘリンや長い年月をかけてアラゴルンの旗を織ったエピソードは入れて欲しかった。二つの塔撮影中まではバトルヒロインにする予定だったから、内助の功的な要素は排除されちゃったのかな。 -- 2014-05-25 (日) 15:39:00
    • 人間側の主役であるアラゴルンの妻となるんだから、演出的には彼女の出番を多くしないと原作を知らない人には「誰、これ?」てことになりかねないんで仕方ないんじゃないですかね。原作に準じるなら裂け谷の食事とロリエンでのガラドリエルとの会話中、あとアラゴルンの旗を作ったというところでしか出てこないし。これじゃまさしく「空気嫁」。 -- 2014-05-26 (月) 12:40:22
      • だからといってバトルヒロインはない、出来れば -- 2014-05-26 (月) 13:12:15
      • でもこの人、先祖に名高いバトルヒロインが二人もいるんですよね・・・少しでも活躍の場があって自分的には良かったと思います。 -- 2014-05-26 (月) 20:42:06
      • 上の方も言うように、バトルヒロインにするしか方法がないというのでもなければ「仕方ない」ということにはならないでしょう。それは評価ではなく、起こったことを手放しで事後承認しているのと同じことです。 -- 2014-05-26 (月) 22:16:58
      • 欧米では、ヒロインが戦わないと「男女差別だ」という声が日本人の想像以上に大きく上がります。それを恐れたのと、アルウェンのキャラクターをふくらませたいという結果が繋がって、映画でああいう形として現れたのでしょう。個人的には、そういうヒロインはエオウィンひとりで十分だし、アルウェンの膨らませ方には別の方法があったと思っていますが -- 2014-05-27 (火) 00:50:44
      • 確かに。エオウィンが「戦う乙女」であればアルウェンは「悲劇の乙女」として対照的に見せることもできたでしょうしね。 -- 2014-05-27 (火) 12:36:52
      • どんな形であれ,恋敵は絶対必要なのです。エンターテイメント的には。 料理が死ぬほどヘタというエオウィン独自設定をアルウェンにしていたらちょっと面白かったかも? -- 2014-08-31 (日) 19:57:29
      • アラゴルン「オレの寿命が縮んだのはメシマズ嫁のせいだったのか…」てのはイヤすぎるw -- 2014-09-02 (火) 01:43:32
      • どんな形であれ,恋敵は絶対必要なのです。エンターテイメント的には。・・・か ホビットの冒険は恋愛の要素が無くても充分面白いのに。 -- 2014-09-02 (火) 03:35:42
      • 恋愛要素が無いから誰も観に来ないんですよ -- 2014-09-02 (火) 13:43:16
      • 恋愛要素が薄くて恋敵も登場しないのに、世界歴代興行収入が「旅の仲間」や「二つの塔」より上の映画があってな…「思いがけない冒険」と「竜に奪われた王国」って映画なんだが知ってるかい?面白いよ。 -- 2014-09-03 (水) 22:39:21
      • 単に欧米と違って日本にはファンタジーが真の意味で根付いてないってだけじゃねーの。恋敵云々は売れなかったのとは然程関係ないでしょ。結局ファンタジー=ゲーム&子供向けでしかないのよ、この国では。 -- 2014-09-04 (木) 03:31:43
      • 向こうの人たちはHobbitを子供の頃から普通に読んでるそうですからね。文化的な下地が違います。日本だって昔話という架空の物語を読み聞かせしますけど、なぜか「ファンタジー」とは呼ばないですしね。 -- 2014-09-06 (土) 14:18:18
      • 前作の評判に引っ張られて、前作より低評価でも興行収入は上がるパターンはよくあることなので何の反論にもならないな。そもそも1,2作目が面白くて興行収入が上昇していったLoTRに、客が離れて下降していった「ホビット」の1,2作を出してきては… -- 2015-05-10 (日) 22:13:25
  • よくわからないのだけれどアルウェンが亡くなったのは中つ国に残った半エルフだからなのでしょうか?人間と結婚しても半じゃないエルフだったら寿命はないの?。 -- 2014-12-22 (月) 16:25:14
    • このページのコメント欄以外を隅からスミまで読みましょう、特にこのすぐ下。それでも解らなかったら、「エルフ」などの項目を読みましょう。 -- 2014-12-22 (月) 16:33:04
  • 女だけど、映画のアルウェン設定がどうであれ、とりあえず美しかったからそれだけでも見る価値はあったわ。結構批判多いけど。 -- 2014-12-29 (月) 01:12:04
  • ホビットの避け谷の場面で居てもおかしくなかったんだけどな。それをいうならエステル君もだけど。 -- 2015-05-26 (火) 15:13:31
  • 映画ではフロドを助けたり、エルフの持つ不思議な力をアピールするLOTRのヒロインである。アラゴルンと駆け落ち覚悟の恋愛で、背負うものが大きく、幸が薄そうに映っている。 -- 2015-12-05 (土) 05:15:43
  • あの…映画の改変についてはもう時効じゃないでしょうか…? -- 2015-12-21 (月) 14:21:00
    • 作品として末永く残るものに時効はありえないと思いますよ。その場かぎりの消耗品とかではないんですから。 -- 2015-12-21 (月) 16:12:35
      • ならいつまでも悪口を言い続けても許されるんですか?映画の改変について何とも思ってない自分からすればいい気分はしないんですが -- 2015-12-21 (月) 18:59:32
      • エルフやPJの映画は批判しちゃいけない聖域なの?  -- 2015-12-21 (月) 21:28:59
      • 一度言ってしまえばそれで充分でしょう。二度も三度も言う必要がありますか?それも10年以上 -- 2015-12-21 (月) 22:38:54
      • 同じ人が言い続けてるわけでもないでしょう。公開から10年以上経っても初めて見る人もいょう。 -- 2015-12-22 (火) 13:40:11
      • ホビットが面白かったからLotRも見てみよう、って人もいるだろうしねえ。 -- 2015-12-22 (火) 14:39:45
      • 商業作品として作る訳だしある程度大衆に迎合するのも仕方ない事なんじゃないだろうか。もちろん原作準拠で作ってくれることが一番に変わりはないわけだけど、まず売れないことには予算も組めないし出資とかもして貰えないしね。 -- 2016-01-11 (月) 23:08:34
  • 上のコメントを見るに、タウリエルのせいでLotR公開時のアルウェンに対する反感が思い出されて議論が蒸し返されたみたいですね… -- 2016-04-08 (金) 23:14:20
  • 原作でも馬で遠乗りくらいはしてそうな感じはする。普段やらないけど(やりそうもないけど)武芸も一通りできるとか。 -- 2016-04-28 (木) 18:19:09
    • 長い長い年月を生きてるんだから、乗馬や武芸を覚える暇くらいあるでしょうよ。 -- 2016-07-23 (土) 22:18:14
    • 母親のこともあるし、万が一のときに自分の身を守れる程度の備えは必要だよね -- 2016-07-23 (土) 23:31:25
      • 祖母と同レベルを目指して毎日要塞を吹き飛ばす練習を・・・ -- 2016-07-25 (月) 07:46:45
      • 指輪でパワー増幅しないと無理じゃない? -- 2016-07-25 (月) 20:02:21
      • 祖母は指輪の効力が切れてから、ドルグルドゥアを吹き飛ばしてませんでしたっけ?(原作) -- 2016-07-26 (火) 10:45:24
      • その練習ってどこでどうやってるの?岩を砂利にするとか? -- 2017-01-19 (木) 10:34:10
      • エステル君が子供のころ、ずっとロスロリアンの祖母の元で修行していたんですよ、きっと。基礎体力はフレトの上り下り一日300回。 -- 2017-01-19 (木) 10:57:24
  • グロールフィンデルの役を取った事に対してはもう散々言われてるから聞かなくても分かるが、それ以外のシーンも駄目なん? -- 2016-05-27 (金) 17:24:17
    • モルドールの影響でアルウェンだけ死にかけるというのは謎設定ですし、二人の関係がありながらアルウェンを西方へ送ろうとするエルロンド(と何故か一度はそれに従おうとするアルウェン)は二人の性格描写にマイナスになるだけで、軌道修正するにしてもちょっと杜撰だったと思います。旗印というせっかく原作にあったエピソードは丸々落としてますし。 -- 2016-07-24 (日) 03:30:34
      • 原作エピソード再現した上でいろいろ付け足すならまだ良かったんですけどねー。>旗印 -- 2016-07-24 (日) 20:59:26
    • 結局はボツになったが、角笛城の援軍に加わってたら原作ファンからフルボッコ必至だったろうよ。 -- 2016-07-24 (日) 12:18:16
      • リヴ・タイラーも「さすがにこれはアカンやろ」と思ったとか思わなかったとか -- 2016-07-24 (日) 13:17:49
      • ↑ってかリヴがPJにこれ止めたほうがいいって進言して件の援軍のシーンは無くなったって聞いたけど -- 2016-07-24 (日) 21:00:37
  • ↑↑↑↑↑↑エルフの女性が武芸を嗜むかどうかの話であってエルフの悪事には一言も触れてないのに何故野蛮だの何だのという話になるのか -- 2016-10-29 (土) 02:29:27
    • あくまでエルフは野蛮かどうかの話でしょ -- 2016-12-31 (土) 23:01:45
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 第四紀120年にミナス・ティリスを去ってロスローリエンに赴き、おそらく翌年の春先に死去
*2 指輪物語 旅の仲間』「数々の出会い」
*3 この時ティヌーヴィエルと呼びかけるアラゴルンに対してその名はわたくしの名ではありません。といってもおそらくわたくしの運命はあの方と異なるものにはならないでしょうと応えており、彼女自身、自らが辿ることになる運命を悟った可能性もある
*4 彼女はこの選択によってかの女の得たものすべてを失うまでは死なぬ運命つまり伴侶であるアラゴルンが死ぬまでは彼女も死なないという運命に定められたようである。
*5 追補編』「アラゴルンとアルウェンの物語(その一部)」
*6 日本でのトレイラー公開時に配布されたプレス資料より

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-28 (月) 16:54:08 (417d)