アラマン

概要

カテゴリー地名
スペルAraman
その他の呼び名

解説

ペローリ山脈と大海に挟まれた、アマン北方の沿岸にある不毛の荒地。北東に伸び、ヘルカラクセの海峡に達する。
ヴァリノールとアラマンとの境において、同族殺害を犯したノルドールに対しマンドスの呪いが宣告された。またフィンゴルフィンらの第二陣は、先行していたフェアノールたちにこの地で置き去りにされた。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 置き去りにされた時、フィンゴルフィン一行は戻って、ヴァラールに許しを請えばよかったのに -- 2010-12-16 (木) 18:37:19
    • フィンゴルフィンは、息子達と親戚、部下に、このまま自分と共に氷原を渡るか、引き返すか選択させたかもしれないね。 -- 2011-03-26 (土) 09:19:44
    • もしかしたら、彼は自分だけでもいくつもりだったかもしれないけど、みんなは、彼を慕ってついて来たのかもしれないね。 彼の人徳のなせる業ゆえか。 そんな彼に嫉妬して、置き去りにしたあげく、息子もろとも船を焼いた兄貴とは大違い。 -- ねずみ 2011-04-06 (水) 20:33:27
  • ヴァラールの住むアマンは楽園とのイメージがあったけど。 こことペローリ山脈東側といい、どちらかといえばモルゴスとその眷属が治めるにふさわしい土地があったとは信じられない。 -- 2012-01-01 (日) 20:21:50
    • ペローリ山脈はモルゴスに対する砦ですから、その東はカラキルヤ近辺を除いて、基本的に危険な土地なのでしょう -- 2016-10-19 (水) 09:14:39
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2016-10-19 (水) 09:14:39 (490d)