• ヴァラールのアラタール(Aratar)については、ヴァラールを参照してください。

アラタール

概要

カテゴリー人名
スペルAlatar
種族マイアールイスタリ
性別不明
生没年不明

解説

(『終わらざりし物語』によると)五人のイスタリの一人で、青の魔法使い(イスリン・ルイン)。もう一人の青の魔法使いであるパルランドと同じく、元はオロメに仕えるマイアであったという。
アラタールとパルランドクルニーア(サルマン)と共に東方へ向かったが、後にクルニーアのみが戻ってきた。アラタールが任務のために東方に留まったのか、あるいは任務に失敗して囚われたり殺されたりしたのか、任務を放棄したのか、一部の者が言うようにサウロンの下僕と化したのかは判らないという。

青の魔法使いには別の説もある。イスリン・ルインを参照。

Iron Crown Enterprisesによる設定

オロメに仕えるマイア達の中では最も強大な力を持ち、サウロンに匹敵するほどで、5人の賢人団の中ではサルマンに次いで二番目に高位な者だった。中つ国に向かう使者としてオロメに選出された時点で、かつて星々の時代に主がそうしたように人間エルフの誕生した地である東方に赴く使命を負っていた。

イスタリの中では最も背が高く(6フィート7インチ,約200cm)、身体能力も抜きん出ていた。性格は豪気で力強く、サルマン同様、課された使命に対する遠大な構想を抱いていた。また、ガンダルフが背筋を曲げ、俯き加減で歩いたのに対してアラタールは背筋を伸ばし優雅で堂々とした出で立ちを崩さなかった。衣の表地は空を示す青色、裏地は大地を示す緑色で、武器としてエルフの長弓を愛用していた他。その白い杖は生きた木でもあり、地面に突き立てると地中深く根を張り、100フィートの大木に変化する。左手には魔法に使う刺青が施されている。

中つ国に着いた当初は友人で、従者でもあるパルランドと共に東方の民の助言者として活動し、彼らの間にサウロンの影響が広がるのを防いだ。しかし、人間の老人という肉体に封じられ、長年心身の負担に晒される内に、彼の心には欲望や驕りが生じていった。間もなくアラタールは、あくまで助言者の立場から中つ国の民を援助し、サウロンとその下僕と戦うというヴァラールの制約を破り、その力を自らの目的のために利用するようになる。やがてそれは、魔法使いによる中つ国の民への実効支配という形となって表れた。彼が築いた勢力はサウロンと敵対し、その配下と戦ったが、サウロンや、アラタールと同じく独自の勢力を築いたサルマン指輪戦争で滅ぼされた後も、アラタールはその地に残って支配者の地位に留まり続け、第四紀に入りさらに勢力を拡大していった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 独自の第3勢力になったということでしょうか?それならば間接的にはサウロンの敵に回ったということになりますね。どんな勢力を築き上げ、どう対抗したのか見てみたい。 -- ボリーの用心棒
  • 映画ホビットにおいて、もう一人の青の魔法使いと共にガンダルフに名前を忘れ去られていた御仁 -- 2012-12-19 (水) 19:31:14
    • 著作権の関係で名前を出せなかったそうです。 -- 2013-08-24 (土) 19:19:04
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-12 (月) 19:26:31 (675d)