アモン・エシア

概要

カテゴリー地名
スペルAmon Ethir
その他の呼び名間者山(Spyhill)

解説

シンダール語で「間者山」の意。ナルゴスロンドの城門から東に1リーグの地点(タラス・ディアネンの平原)にフィンロド・フェラグンドが多大な労力をかけて作らせた、山のように大きな築山。頂上以外は木が生えており、木の生えていない頂上からは周辺の土地が一望できた。
ドリアスからナルゴスロンドに向かおうとしたモルウェンニエノールらがグラウルングに襲われ、ニエノールが記憶を奪われたところ。

コメント

コメントはありません。 Comments/アモン・エシア?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2011-05-20 (金) 08:26:00 (2560d)