アゾグ

概要

カテゴリー人名
スペルAzog
種族オーク
性別
生没年?~†第三紀2799
ボルグ(息子)

解説

モリアオークの首領。残忍で奸智に長けたオークで、図体が大きく、大きな頭を鉄ですっぽり被っていたが、動作は敏捷で力も強かった。

「だが、今はだれがここの王なのか、もしやつの家族が知りたがったらな、やつの顔にその名が書いてあらあ。おれが書いたのよ! おれがやつを殺したのよ! おれがここの主よ!」
そこでナルは首をひっくり返し、その額にかれにも読めるドワーフ文字で、アゾグという名が焼きつけてあるのを見た。その名はその後かれの心に、またすべてのドワーフの心に消しがたい烙印となって残った。*1

第三紀2790年、単身モリア東門(大門)に入り込んできたスロールを殺し、スロールの切断した首に己の名を烙印して、モリアは自分のものだと宣言する。このことを他のドワーフ達に伝えるよう、スロールの従者ナルに要求し、「駄賃」として小銭袋をナルへ投げつけた。
その結果、スロールの復讐のために集結したドワーフ軍により、2793年からドワーフとオークの戦争が始まる。霧ふり山脈のオークはモリアに追い詰められたが、最後の戦いである2799年のナンドゥヒリオンの合戦において、アゾグは温存していた主力部隊を出撃させてドワーフを迎え撃った。戦いの中、くろがね連山ナインの挑発に応えて、アゾグは彼に似た姿の護衛兵達を従えてモリアの東門から現れた。アゾグはナインと戦って彼を殺したが、その最中にオーク軍は敗走し、ナインの部隊と戦っていた護衛兵も全滅した。そのことに気付いたアゾグは門まで逃げ戻ろうとしたが、そこをナインの息子ダインに追いつかれて討ち取られ、首を刎ねられた。
アゾグの首は杭の上にさらされ、口にはかつて彼がナルに投げつけた小銭袋が突っ込まれた。

それから142年後の2941年に、アゾグの息子のボルグ霧ふり山脈のオーク軍の総大将として五軍の合戦に参戦することになる(『ホビットの冒険』)。

映画『ホビット』における設定

俳優マヌー・ベネット
日本語吹き替え吹き替えなし

原作では、トーリン二世ビルボ・バギンズによるエレボールへの遠征が行われた時には既に死亡しているが、登場。グンダバド出身のオークで、モリアを占拠していたオークの首領。「穢れのオーク・穢れの王」*2の異名を持つ。
回想シーンにおけるナンドゥヒリオンの合戦にて、スロールを殺している。その後トーリン二世と戦い、左腕を切り落とされてモリアの中へ逃げ帰る(この時トーリンは樫の木を盾にしたという、オーケンシールドの名の由来が登場。またダインに討ち取られたことにはなっていない)。

その後もアゾグは生きており、鉤爪の義手をして、白いワーグに乗り、エレボールに向かうトーリンの一行を追い回す。

『竜に奪われた王国』でもトーリン達の追跡を続けているが、死人占い師に呼び出されたためにドル・グルドゥアに戻ることになり、トーリンの追跡は息子のボルグに引き継がせる。その後、ドル・グルドゥアに潜入してきたガンダルフと対峙している。
『決戦のゆくえ』で、ドル・グルドゥアの軍勢を引き連れてエレボールデイル(谷間の国)を攻撃。この時は、左腕の義手が刃になっている。アゾグたちは、トーリンたちをからすが丘に誘い出してフィーリを殺すが、その後のトーリンとの対決でオルクリストに刺され、相打ちになって死んだ。

グッズ

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 悔しいかな。将としてはとても優秀。あれだけの大軍勢を地下に潜伏。奇襲を成功させるのは誰でもできるわけじゃない。 -- 2016-08-22 (月) 07:28:06
    • 将と軍師を兼ね備えた人物は、滅多にいるものじゃないしね。 -- 2016-08-25 (木) 04:16:08
      • 映画の中でも際立って光る悪役でしたね。 -- 2016-08-25 (木) 20:36:00
    • LotRの時代まで生きてれば、ペレンノール野の合戦でオークの軍勢の大将が務まった将才があったな。 -- 2017-01-06 (金) 12:05:20
  • 最近の妙なアゾグ押しは何だ?ボルグを忘れんなよ -- 2016-08-27 (土) 21:10:47
    • いやいや、アゾグが優れた王であり、軍師、戦士であることは 明らかなんだからアゾグは凄く魅力的なキャラクターだと思うよ。 多分、ロードオブザリング、ホビット ひっくるめて一番 キャラクターがいい方に大化けした登場人物だと俺は思うけどね〜 -- 2017-02-11 (土) 03:00:32
  • 原作にしろ映画にしろ、こいつがモリアでバルログとどういう付き合いをしていたかが気になる今日この頃 -- 2017-04-16 (日) 23:39:55
  • 少なくとも映画では、兵をまとめ率いるという将の才は抜群だし、奇襲を考えた軍の才もあったが、奇襲のタイミングはお粗末すぎた。あのタイミングはミスだと良くとれば伝達の限界があってアゾグを責めるのは酷、タイミングも計算の上だったと悪くとればあのタイミングで仕掛けたのは愚か。エルフとドワーフがぶつかり合い互いに消耗し合った後が上策。 -- 2017-05-06 (土) 06:54:20
    • 原作でもそうだけど、確かにエルフとドワーフがぶつかり合って消耗した時に叩くのがベスト!! -- 2017-05-06 (土) 23:07:02
    • アゾグ自身もその方が上策だとわかっていたけど、兵を抑えておくのが限界に来ていたのかもしれない。オークの群れなんて軍律厳守ってタイプじゃないだろうし。 -- 2017-09-29 (金) 11:44:44
      • 人間と違って、言う事を聞かせるには、叱りつける、殴る、見せしめに誰かをコロす、等、恐怖で威圧するしか無いですからね。 でも、あれだけの大群なら、その方法は逆効果かもしれませんし😱 -- 2018-01-12 (金) 09:52:21
      • 地理的な要因もあるかも知れませんよ。 原作と違って東側から攻めてますからね。 山に挟まれてて分かりづらいですが、 -- 2018-01-18 (木) 07:53:12
      • 向こう側は、太陽が登ってますから。 太陽の光が苦手なオークですから、早めに決着をつけようと考えたのでしょう。 -- 2018-01-18 (木) 07:56:41
  • 凄く頭が良く強かったが、五軍の合戦の最後トーリンとの一騎打ちで何故あの氷のフィールドであんな氷が割れて戦いにくくなる武器を使ったのか謎… -- 2017-08-10 (木) 04:03:34
    • 鎖のリーチを使ってトーリンが乗ってる氷を先に割って落とそうとしたんじゃない?懐に入られた所為で自滅してるけど -- 2017-08-20 (日) 13:12:03
  • 久々にホビット3部見返したが、1部のアゾグかっこよすぎな -- 2017-09-28 (木) 18:13:02
    • 俺は3部の五軍の合戦時かな -- 2017-09-28 (木) 19:17:29
  • オークにしてはガタイが良くて頭もいいし、戦いも巧み。ウルク=ハイと言われても違和感ない -- 2017-10-20 (金) 21:24:23
  • 原作未読でロードオブザリングのイメージだけだからオークは雑魚っぽいイメージがあったんだ -- 2018-01-09 (火) 11:44:13
  • 映画ホビットのオークは戦略も立てて頭も良くて感動した、凄く良い悪役 -- 2018-01-09 (火) 11:46:16
    • LotRの前日譚だからウルク=ハイはいないし、パッとした悪役出てくるのかな、なんて懸念を払拭してくれた中つ国の名ヴィランの1人だね。 -- 2018-01-14 (日) 15:32:34
  • アゾグの鎧メッチャカッコよくて惚れ惚れしたなぁ。 -- 2018-03-03 (土) 21:41:06
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 追補編』「ドゥリンの一族」
*2 原語はthe Defilerで、直訳は「汚す者・冒瀆者・背信者・陵辱者」の意

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-03 (土) 21:41:06 (136d)