アセラス

概要

カテゴリー植物
スペルAthelas
その他の呼び名王の葉(kingsfoil)、アセア・アラニオン(asëa aranion)

解説

シンダール語共通語では王の葉とも呼ばれ、一般にはその名で知られる。クウェンヤでの呼び名はアセア・アラニオン
ヌーメノールから持ち込まれた薬草で、中つ国では暖かいところか、ドゥーネダインのいたところに自生している。独特の刺激性と清涼感のある芳香があり、すりつぶしたり湯に投じたりするとその香りはいっそう強まる。その芳香はすがすがしく...心が鎮まり清まる*1気分が爽快となり、力がつく*2元気づく匂いいやな匂いのする空気を清めたり一時的なけだるさを追い払う*3等と表現される。
その真の薬効は一般にはほとんど忘れ去られており、第三紀末のゴンドールでは頭痛時に煎じて飲まれているぐらいだったが、「正当なる王の血筋の手」で使われることによって絶大な効果を発揮する。このことは戯れ歌の形でかろうじて伝承されていた。

指輪物語』本編では主に、モルグルの刃を受けたフロド・バギンズや、黒の息に冒された人々を治療するためにアラゴルン二世の手によって用いられた。
使用法は、沸かした湯の中に手で揉みつぶした葉を投げ入れ、その湯で傷口や患部を洗うというもの(外傷がある場合は、その後で通常の傷の手当てを行う)。
黒の息に対しては事実上の特効薬である他、モリアオークの槍の一撃を受けたフロドの打ち身を治療するためにも使われており、通常の傷にも効果を発揮するものであるらしい。だが必殺の武器であるモルグルの刃の傷に対してはさしものアセラスでも効果が薄く、傷の進行を遅らせることしかできなかった。

それからかれ(アラゴルン)は葉っぱを二枚取って両手にのせるとふっと息を吹きかけ、それから揉みつぶしました。するとたちまち新鮮な生気が部屋にみちみちました。あたかも空気それ自体が目覚めて打ち震え、喜びにきらめくかのようでした。それからかれはその葉っぱを運ばれてきたいくつかの湯気の立ち昇る碗の中に投げ入れました。するとたちまちみんなは心が軽くなりました。なぜなら、一人一人のところに匂ってきた芳香は、どこかの国か、翳ることない陽光の輝く露しげき朝まだきの記憶にも似ていました。もっともこの世の春の美しい世界自体が、このどこの国ともしれぬ地の束の間の記憶にすぎないのですが。*4

療病院においてヨーレスが口にした歌の通りにその手でアセラスの薬効を引き出して人々を救ったことは、アラゴルンが「王の再来」としてゴンドールの民に広く認められるきっかけとなった。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

モルグルの刃で刺されたフロドを治療するのに、アラゴルンが使用した。使い方は原作と異なり、口で噛み潰した後で直接傷口に押し付けている。
『王の帰還』のエクステンデッド・エディションでは、アラゴルンがエオウィン黒の息を治療する場面が追加されたが、アセラスの話などは出ていない。

映画『ホビット』における設定

原作には登場しないが、登場。タウリエルモルグルの矢を受けたキーリを治療する時に使う。
エスガロスの人間はこの草の効用を知らず、豚の飼料にしていたが、オインやタウリエルはアセラスに強い薬効性があることを知っていた。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • これがあれば公害問題も異臭騒ぎも一発解決なのにな… -- 2014-01-19 (日) 18:08:51
  • いくらなんでも豚の餌になってたとはw  -- 2014-03-03 (月) 17:01:14
    • どういう描かれ方だったのかは把握していませんが、それはちょっと制作陣の良識を疑いますね・・・。いくら効用が知られていないとはいえ、飼料に適したところがあるとは到底考えられないのに、なぜわざわざそんな侮辱するような登場のさせ方をするのか理解に苦しみます。エスガロスの民の描き方としても、知らずにしたこととはいえ尊いものを無意識に汚すような真似をするほど堕落した人間ではないはずですが・・・。 -- 2014-03-03 (月) 17:32:36
      • 飼料になってたっていうか完全に雑草と思われてました。でもアセラスは比較的暖かい土地を好む草ですので、北方の地であるエスガロスでアセラスが生えてるのは珍しかったのでは…と気になります。森エルフは草花や動植物に非常に詳しいのでアセラスの薬効を知っていても不思議ではないですが。ドワーフ達はアセラスを「熱さまし」と思ってたみたいですね。 -- 2014-03-03 (月) 21:55:02
      • 正当な王の血筋ではない一介のシルヴァン・エルフごときが、アセラスであれだけの薬効を引き出すのって正直どうなんでしょう。 -- 2014-03-03 (月) 22:14:14
      • 豚の餌と書いた者ですが、侮辱というより人間の無知のおかしみを表す演出で悪くなかったと思いますよ。ギャップでその効用がより際立ってましたし。 -- 2014-03-04 (火) 20:06:58
      • ↑↑ 自分も同じことを思いました。正当な王の証となる薬草なのに...って。 -- 2014-03-04 (火) 23:53:18
    • 豚は有用な家畜だよ。湿気の多い湖の町では、人獣感染症をある程度防いでいたりしたのかもしれない。どこにでもあるってそういうことなんじゃない。 -- 2014-03-03 (月) 19:03:42
      • 豚だからどうだという事ではなく、何の必然性もないのにわざわざ「エサとして登場させる」という発想が衝撃的でした。感染云々とこじつけるなら、それこそエサである必要はないはずです。たとえるなら、食べさせても何の利点もない美しい花を、わざわざ動物のエサにしますか?もしその花を好きな人がそれを見たらどう感じるでしょう? 製作陣がやったのは要するにそういうことだと思うのですが(あるいはもっと酷い)。やはりどう好意的になろうとしても理解に苦しみます。 -- 2014-03-04 (火) 00:25:37
      • そもそもエスガロスは住人も食べ物に苦労してる中でましてや、家畜のエサなんてそうそうないんじゃないの?その中で近くに王の葉が自生していて人間の食用にならないのであれば、せめて家畜のエサに、てなってもおかしくないでしょ。ホビット庄では薬草だという認識はあったけど、指輪物語の時代のゴンドールでは良い香りのする草、っていう認識だったみたいだし -- 2014-03-04 (火) 02:12:30
      • ですからそれは「アセラスをわざわざ家畜のエサとして登場させること」の擁護にはならないでしょう、と。作中設定の話をしているのではありません。ちなみに話は若干逸れますが……ホビット庄で薬草と認識されていたなんて描写はなかったと思います。頭痛の煎じ薬にはされていたようですから薬草と認識していたのはむしろゴンドールの方ですし。 -- 2014-03-04 (火) 02:52:22
      • 映画版ロードオブザリングで石のトロルのところでサムが王の葉を探せと言われた所で「薬草だね」と答えていたので、草花に詳しい人なら知っているという描かれ方をされてましたね。 -- 2014-03-04 (火) 11:44:19
      • 必然性と言うならば、シチュエーションが湖の街だから。「薬効が忘れ去られたか知られていない」という設定の薬草が湖の街の民家で大事にされている方が必然性がないと思います。そもそも映画でのアセラスが時間短縮などの関係で「知る人ぞ知る優れた薬草、薬草と言ったらアセラス」という設定でファンのために登場させた小道具だと思うのです。 -- 2014-03-04 (火) 17:39:09
      • ↑↑そのサムのセリフの原文は「a weed」つまり「ああ雑草ね」です。 -- 2014-03-04 (火) 23:41:31
      • ファンサービスのつもりであったのなら尚更、上の方もおっしゃっているようにアセラスは元来「ドゥネダインがかつていた暖かい場所」に生育する植物であって、ロヴァニオン北方で湖の町の住人が無作為に刈った豚のエサに混ざっている、というのはそれこそ不自然なわけです。わざわざ原作ファンにとって違和感のある形に改変してまでやることが「豚のエサ」というのでは雑なサービスどころの話ではないでしょう。 -- 2014-03-04 (火) 23:53:59
    • その辺に生えてる草と一緒に刈ってきてた感じなんでしょうか?まぁ世間から忘れられた存在に大きな力があるっていうのを描写したかったんじゃないでしょうか。 -- 2014-03-04 (火) 02:03:46
      • そこで「家畜の飼料として出す」という発想に至り、しかもそれを疑問にも思わないらしいところに良識を疑わざるを得ないのです。以前から少々能天気なきらいのある人達だとは感じていましたが、まさかここまで無神経だったとは。 -- 2014-03-04 (火) 03:03:17
      • まぁ、私もまだ見てはいないので何とも言えませんがね。ピーター達が疑問に思わなかったかどうかも分かりませんし。個人的には家畜のエサになってる事は別にって感じですがタウリエルが効能を引き出した描写があるというのが気になりますね。「王の葉」の意味が無くなってしまうのではと -- 2014-03-04 (火) 03:31:47
      • 豚の餌の下り、たしかに暖かい地方の草ならわんさか生えてるって設定なら原作と違いますが、上でも皆さん仰っている通り「人間には忘れ去られている」ことを強調するためのエピソードだと思われます。良識を疑う!無神経!とか騒ぎ立てる程のことでもないと思いますし、映画にする以上はある程度の分かり易さは必要でしょう。空気悪くなりますよ -- 2014-03-05 (水) 21:04:03
      • 豊富に生えてはいるけど薬効を発揮させるには技術が必要、といって食用には適さない、となれば飼料に使うくらいでしょうか。日本人にとってはおいしい海産物でも、食べる習慣のない国では捨てていたり動物のえさにしていたり、みたいなのと同じ感覚でしょうか。 -- 2014-10-16 (木) 14:04:53
    • どういう受け取り方をしたのかは把握していませんが、見る前に文句つけるのはちょっとコメント者の良識を疑いますね・・・ -- 2014-03-04 (火) 10:48:56
      • 多分、映画版を薄っぺらいとかお花畑とかその他いちいち癪に障る言葉で貶めて、ファンにも喧嘩腰だったのと同じ人でしょう -- 2015-10-06 (火) 22:58:05
  • キーリが毒矢を受けてタウリエルが救う(エルロンドやアラゴルンではないので、完治させたのではなく一時的に痛みをひかせる程度なのではと個人的には思ってますが)オリジナルストーリーの場面でどうやってアセラスを登場させるか考え、アセラスの素晴らしい効能を人間たちは全く知らず悲惨にも豚の餌にしてしまっているんだという描写では?と、そういう風に解釈してるよ。それにしても、そんなに目くじら立てるシーンかこれ? -- 2014-03-04 (火) 11:57:05
  • アセラスを取られた豚さんが怒っているように見えて笑ってしまった。面白い場面だしアセラスの偉大さを忘れた人間のおかしみやその癒しの力が却って際立ついい演出だったと思いますよ。むしろ原作ファンへのサービスかも。 -- 2014-03-04 (火) 20:11:21
  • 飼料に混ぜれば味がよくなるとか…、無意識的でしょうが、忘れてはいないのでは? -- 2014-03-19 (水) 00:10:28
  • 原作ファンへのサービスなんて随分都合よく解釈出来るな、エスガロスは北国でありドゥネダインの住んでいた土地でもないのに、映画はタウリエル等のオリジナルありきで設定が雑な事に変わらんよ。 -- 2014-03-19 (水) 09:13:17
    • 原作での設定「ドゥーネダインが持ち込み暖かいところに自生し薬効は一般の人から忘れ去られ王の血筋云々」映画での設定「優れた薬効が忘れ去られ一般の人々からは雑草と認識されている薬草、薬草といったらコレ」これだけのことだと思うだけどなあ。豚が食べちゃダメって意見は現代まで続く中つ国の世界観を小さくしている気がする。ゴブリンが好んで食べるという設定なら世界観崩壊だが豚が食ったっていいだろうに。 -- 2014-03-20 (木) 02:52:51
      • 映画オリジナル設定に賛成派と反対派、このまま平行線でいいんじゃない、それぞれのこだわりに忠実であるのは大いに結構、下手に妥協しあうなんて馬鹿げてる。 -- 2014-03-20 (木) 03:38:47
      • そもそも映画と原作は限りなく似ただけの違う作品。混同する方がおかしいわ。 -- 2015-02-14 (土) 07:05:35
  • 野伏の人が使ったら多少は効能が上がるのだろうか -- 2014-03-19 (水) 19:42:41
  • ヨモギやドクダミといった意見がありますが、皆さんアセラスのイメージはどんなでしょう?自分的にはそれほど魔法的なものではなく、王たるものだけがそれを使いこなすしっかりした医学知識、技術をもっていたという風にも思ったり。天皇家の菊が最初は薬用として中国からもたらされれ、今はどこにでも生えてるのと似てるような。 -- 2014-03-24 (月) 12:58:36
    • 私は誰でも知識があれば傷薬として使えるイメージです。ですが黒の息の治療など“真の薬効“を発揮させるためには、王の血筋がいるという魔法的なものだと思っていました。菊の例も面白いですね、映画ではエルフにも使い方が伝わっていたのかな?と邪推してみたり。 -- 2014-03-25 (火) 00:19:31
    • ハーブ的な植物のイメージ。レモングラスとか、ミントとか? -- 2014-03-29 (土) 14:58:23
      • それだと、知らない人にとっては雑草、知っている人には薬草としての効果があるのがわかる。というイメージに合致します。 -- 2014-03-29 (土) 15:08:03
    • 近代西洋医学以前の、まあ漢方などのイメージ。王族の血云々に関しては魔法的、ファンタジックな要素。正しい使用法を知っている者、薬売りや医者、薬剤師とかは普通にそれ相応に使ってるイメージ。…薬学専攻の身の者より -- 2014-03-31 (月) 22:21:49
    • 私はレモンバームやペパーミントをイメージしましたが、いずれもシソ科ですね。現代のシソ科の祖先という設定はどうでしょう? -- 2014-10-16 (木) 07:55:13
    • イメージとしてやっぱりヨモギかなぁ、いい香りだし。あと傷に効く事からオトギリソウもありかも。 -- 2014-10-17 (金) 22:08:27
    • ルイボスティーの香りをイメージしています。爽やかな甘い香り。 -- 2015-02-12 (木) 23:25:07
    • バジルじゃないかな。ギリシャ語のバシレウス(王)が語源だし、香りも良いし -- 2015-10-06 (火) 17:47:24
    • 単なるドクダミだったら泣くよな。 気に入らない奴に対するテロには最適だし。 -- 2017-08-16 (水) 01:07:19
      • 馬鹿にしない! 天ぷらにすると独特の臭さは消える。 -- 2018-02-23 (金) 09:43:22
    • 紫蘇(シソ)の葉は別名「大葉(おおば)」ともいいます。言葉の響きが「王葉」にも聞こえますね。いい香りもしますし  -- 2017-11-21 (火) 10:17:09
  • とりあえずアセラスとられた豚さん激おこってことで・・・ -- 2017-08-08 (火) 01:21:27
  • これ食べたらどうなるんでしょうか? -- 2017-08-09 (水) 03:05:09
    • いつまでも爽やかな息になるものと思われます。癒しの息ですね。 -- 2017-08-09 (水) 11:57:21
      • アセラスガム食べてみたいな -- 2017-11-21 (火) 12:03:37
    • レンバスの中に滋養強壮と香料を兼ねて入ってるんじゃないかと想像してみる。 -- 2017-08-12 (土) 02:08:29
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 旅の仲間』「浅瀬への逃亡」
*2 『旅の仲間』「ロスロリアン」
*3 王の帰還』「療病院」
*4 同上、黒の息の治療場面

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-23 (金) 09:43:22 (89d)