アイレナッハ

概要

カテゴリー地名
スペルEilenach
異訳エイレナハ

解説

古い言葉の名前*1で、意味は不明。七つのゴンドールの烽火山のうち、東から二番目の山。ナルドルの東で、アモン・ディンの西。ドルーアダンの森の中に聳え、森で最も高い場所。

終わらざりし物語』によると、アモン・ディンミン=リンモンと共にアノリアンに連絡を伝える最古の烽火台であった。また、ハリフィリアンに次いで二番目に高い烽火台でもある。山の頂上は切り立っていて狭く、大きな烽火を焚くことができないため、アモン・ディンとナルドル間のつなぎ役として機能した。

コメント

コメントはありません。 Comments/アイレナッハ?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 終わらざりし物語』によると、シンダール語でもヌーメノール語でも共通語でもない。先ヌーメノール語起源のエイレナイア(Eilenaer)の名と関連があるとされる

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-06-25 (木) 00:11:14 (1120d)