アイゼンガルド

概要

カテゴリー地名
スペルIsengard
異訳イセンガルド
その他の呼び名アングレンオスト(Angrenost)

解説

ローハン語で「鉄の砦」の意。シンダール語アングレンオストに由来する。
霧ふり山脈の南端ナン・クルニーアに位置する半天然の要塞で、その中心にオルサンクの塔がそびえていた。

やがて新月が上ってきました。そのかすかな光に照らされて、かれの前に黒々とした岩壁がぼうっと見えてきました。そこは大きな門のような暗いアーチがくりぬかれていました。フロドは体が持ち上げられたような気がしました。上を通り過ぎる時、かれは岩壁と見えたものが環状に連なった丘陵であることを知りました。その真ん中には平原があり、平原の真ん真ん中には、石の尖塔が立っていました。それは大きな塔のようでしたが、人の手によって造られたようには見えませんでした。*1

ローハンの西に位置しており、角笛城と並んでローハン谷を見下ろす戦略的要所であった。メセドラスより流れ出すアイゼン川がそばを通過しており、アイゼンの浅瀬を防衛・通行するのにも非常に有利な場所にあった。

元々はゴンドールの砦であったが、白のサルマンが租借して以来、彼の居城となっていた。
指輪戦争当時、この入り口にはサルマンの領有を示すと思しい白の手の石が掲げられていたと思われる。

構造

アイゼンガルドは、「アイゼンガルドの環」と、それに囲まれたすり鉢状の「円形広場」、その中心に建つ「オルサンクの塔」からなる。

アイゼンガルドの環(Ring of Isengard, Circle of Isengard)
要塞の外周をなす、天然の岩壁を加工して作られた円形の城壁。入り口は南に一つしかなく、堅固なアーチ型の城門とトンネルを備えている。城壁はかなり厚く、内部に衛兵所や貯蔵庫をはじめとしたいくつもの部屋が穿たれており、この壁自体が大軍でなければ陥とし得ない砦であった。
円形広場
アイゼンガルドの環に囲まれたすり鉢状の広場。かつてはいくつもの池と果樹がある美しい庭園になっていた。しかしサルマンがアイゼンガルドの要塞化を推し進めた結果、緑は根こそぎにされて多くの立抗が穿たれてしまい、地下の洞窟群には工場や溶鉱炉などの多くの施設が設けられた。地下施設には機械仕掛けの装置がめぐらされており、蒸気や火を噴射し、オルサンクの内部から稼働できるようになっていた。
中央のオルサンクからは舗装された道が放射状に伸びており、道の両側には鎖でつながれた柱が並んでいた。
オルサンクの塔
円形広場の中央に、岩の小島のように聳えている。詳細は該当記事を参照。

歴史

元来アイゼンガルドはゴンドールの砦で、アグラロンドの砦(角笛城)と合わせてローハン谷を防衛するために築かれたものだった。
第三紀2510年、カレナルゾンロヒアリムに割譲されてローハンが建国されると、この地はゴンドールの領有地として残され、世襲の太守と守備隊が置かれた。ただしオルサンクの塔は閉ざされてその鍵は執政が保管していた。

だがゴンドールの衰微により連絡が疎遠になった結果、アイゼンガルドの環とその守備隊はほとんどが褐色人に占領されるに到る。褐色人に奪われたアイゼンガルドはローハンとゴンドールに敵対するようになり、両国はアイゼンの浅瀬を確保するために多大な労力を割くことを強いられた。この状態は2758年から59年にかけてのローハンと褐色人との戦争で、褐色人が降伏するまで続いた。

そのため白の賢者サルマンが、要塞の補修と租借を申し出た時、両国はこれを大いに歓迎した。第三紀2759年、サルマンはゴンドールの執政ベレンからオルサンクの鍵を受け取り、この地に居を構える。
当初サルマンはゴンドールとローハンの同盟者として働き、彼がアイゼンガルドに定住したことで両国はアイゼン川を警備する負担を大幅に軽減することができた。
だがサルマンは次第に堕落していき、2953年にはアイゼンガルドの領有を宣言してそこに閉じこもるようになる。環の内側では要塞化が推し進められ、秘密裏にオークウルク=ハイ等からなる独自の軍勢が築き上げられていった。

指輪戦争においてサルマンが公然と自由の民に敵対したことで、アイゼンガルドも戦略上の大きな脅威となる。アイゼンガルドの監視があるために、指輪の仲間ローハン谷を通過するルートを選択することができなかった。さらにローハンが存亡の危機に瀕したことで、ゴンドールは同盟者を失うところであった。
3019年2月25日にローハンへの侵略行動を開始したサルマンは、この地から大軍を出撃させてアイゼンの浅瀬を抑えることでローハンの国土を分断(アイゼンの浅瀬の合戦)、さらに国土を蹂躙するべくヘルム峡谷を攻撃した(角笛城の合戦)。
だがそのために防備が手薄になっていたところを、ファンゴルンの森から出撃してきたエントフオルンに攻撃される。いかに堅固なアイゼンガルドの環といえどもエントの力の前には無力であり、城壁は粉砕され、要塞施設は徹底的に破壊された。オルサンクの塔だけは非常に堅牢であったため破壊されなかったが、エントはアイゼンの水を引き込んで円形広場を水没させることで、要塞を無力化し、サルマンを塔に閉じ込める。
かくしてアイゼンガルドは陥落した。

そのままこの地はエントによって管理がなされ、指輪戦争後にはオルサンクの木の国(Treegarth of Orthanc)に生まれ変わる。
アイゼンガルドの環は取り払われて、広場には木々が植えられて緑の谷間となった。ただしオルサンク自体は再び西方の王の管理下に戻った。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

おおむね原作の描写を踏襲しているが、広場地下の洞窟施設にスポットが当てられており、城壁部も堅固な砦であるという描写はオミットされている。
原作でエントは新たに水路を穿ってきてアイゼンの水を広場に引き込んだが、映画では元々あった塞がれていた水路の堰を壊して水没させたことになっている。

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』におけるアイゼンガルドとオルサンク

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるアイゼンガルドとオルサンク 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるアイゼンガルドとオルサンク*2

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 二つの塔SEEのコメンタリーでアイゼンガルドでのオークの行進のシーンを「足と触覚をとった蟻の実写」でとったと言う冗談が笑える。 -- ライト
  • ここの断面図を見ると、雨が降るとオルサンク周辺に水が溜まるような気がする・・・
    • 「中つ国歴史地図」の断面図には排水口もあるので、水没はしないのでは…
  • 原作にある、ここに入る為の鉄扉は映画で見せてほしかった。
  • アイゼンガルドの入り口近くにある「大きな石を長大な手の形に彫って白く彩色したもの」とは何を意味しているのでしょう? -- KAZU 2009-06-29 (月) 23:08:45
    • サルマンの印の「白の手」でしょう -- 2009-06-30 (火) 01:39:06
  • 例えばアイゼンガルドをサルマン帝国の首都だとすれば、近隣の[1].農場市場[2].奴隷市場、[3].人間農場からの朝貢によって食糧を維持していたのかも知れない。それらの経営者は[1].[2]=褐色人。[3]=スナガ?だろうか。問題点が二つ。一つ、彼らにそれほどの生産力があるか?二つ、サルマンは朝貢の代償に何を与えたか?「貨幣」となると怪しい。安全保障か?分かんねぇ… -- 2012-02-15 (水) 18:12:43
    • サルマンはナン・クルニア全体も占有していたでしょうから、あるいはそこに農場も設けていたのかもしれませんね。あとホビット庄から軍需品を買い入れていたのはハッキリしています。ホビットとの交易には貨幣を用いていた模様。 -- 2012-04-01 (日) 23:28:48
  • 個人的に、二つの塔の大軍勢の出撃シーンは感動した・・ -- 2015-01-10 (土) 15:38:25
  • ここのシーンは、環境破壊してまで武装固めするサルマンの畜生ぶりが見れる。地下から泥まみれのオークがクローンのように量産されて、圧巻の地獄絵図。 -- 2015-04-03 (金) 10:39:22
  • レゴラス曰く、 "They're taking the hobbits to Isengard !!" -- 2015-04-03 (金) 18:23:21
    • 某役者本人が歌ったMAD思い出す -- 2016-03-12 (土) 18:33:09
  • ピピンが食ってた塩漬け豚って生ハムか何か? -- 2016-09-02 (金) 00:12:02
  • エントが介入してなかったらセオデンはヘルム峡谷の戦いの後でアイゼンガルドを落とせたのかな -- 2017-10-21 (土) 10:45:17
    • 難しいと思います。フオルンがいなければ角笛城の戦いを逃げ延びたサルマン軍が再びアイゼンガルドに拠って抵抗を続けたでしょうから、ローハン全軍を傾けて包囲攻撃を行ったとしてもなかなか陥落させることはできなかったでしょう。そうなれば当然ゴンドールに援軍を出すことも不可能だったはず。 -- 2017-10-21 (土) 18:52:09
      • 仮にローハン軍がアイゼンガルドに釘付けになったとして、ミナス=ティリスの勝敗は変わったのだろうか。アラゴルンはアイゼンガルドに手こずってたら単身ゴンドールに帰還しようとするだろうし、その道中で同じように死者の軍勢を味方につけるはず。そうなるとローハン軍って実はいてもいなくても変わらなかったりするのかも? -- 2017-10-22 (日) 02:24:57
      • 映画と原作ごっちゃになってないか? 原作だと死者の軍勢はペレンノールの合戦には参加してないからローハン軍がいないと多分負けるぞ -- 2017-10-22 (日) 08:55:24
      • 実際の所セオデン王はアイゼンガルドに向かうと言ったガンダルフに対してサルマンを攻撃するだけの戦力はこちらには無いと渋っていましたから、決戦をかけるには戦力が足りなかったでしょうね -- 2017-11-03 (金) 17:51:11
    • 純粋な戦闘要員では無いにせよ数千のオークが健在だし、ウルク=ハイの生産施設も無事だから反撃されて壊滅まであり得る。それを考えるとメリィ達は中つ国の命運を変えたとも言えるな -- 2017-10-21 (土) 21:23:20
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 旅の仲間』「トム・ボンバディルの家で」 フロドが夢に見たアイゼンガルドの光景
*2 クリストファー・リーの訃報が流れた直後に『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』公式Twitter、Facebookなどに掲載された画像で、白の手の旗が半旗になっている

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-03 (金) 17:51:11 (290d)