アイゼンの浅瀬の合戦

概要

カテゴリー歴史・事件
スペルBattles of the Fords of Isen
その他の呼び名

解説

指輪戦争において、ローハンアイゼンガルドアイゼンの浅瀬の通行権を巡って争った、二度にわたる戦い。
この合戦に勝利したアイゼンガルドの軍勢がローハン侵攻を開始したことで、角笛城の合戦につながった。

指輪物語』本編で言及されているだけでなく、『終わらざりし物語』に詳細な記述がある。

参戦国、勢力

ローハン
西マーク召集軍団、エドラス召集軍団
アイゼンガルド
オークウルク=ハイを含む)、半オーク褐色人

最初の合戦

第三紀3019年2月25日に行われた戦闘。サルマンは半オーク褐色人からなる軍勢を送り出して、浅瀬の通行権を奪おうとした。
西マークの軍団長であるセオドレドはこれを察知し、西谷グリムボルドと共に浅瀬を防衛したものの、セオドレドは重傷を負う。セオドレドはエドラスへと後送されることを拒み、エオメルが救援に来てくれるまで自分が浅瀬を守れるようこのまま残すことを頼んで、そのまま息絶えた。
グリムボルドは駆けつけたエドラスのエルフヘルムと共に浅瀬に踏みとどまり、サルマンの進撃を阻止した。セオドレドから西マークの指揮権を引き継いだ西谷の領主エルケンブランドはエドラスに援軍を要請したが、グリマの裏切りのために十分な支援を得られなかった。

第二の合戦

3月2日に行われた戦闘。半オーク褐色人からなる1万以上のアイゼンガルドの軍勢は、エルフヘルムグリムボルドの部隊を蹴散らし、ヘルム峡谷から出撃してきたエルケンブランドの軍団も敗走させる。このためローハン西谷の軍団は散り散りになった。

だが実際にはロヒアリムは、戦死したものよりも、追い散らされただけの者が多かった。そこで状況を確認に来たガンダルフは、エルケンブランドらに残存兵を糾合して角笛城へと救援に向かうよう伝える。彼らは角笛城の合戦で、角笛城に籠城していたセオデンエオメルらの救援として現れ、アイゼンガルドの軍勢を攻撃した。
また一部の者には、戦死者を浅瀬の中ノ島に埋葬させた。その場所は石で囲まれ、いくつもの槍が立てられた塚となった。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

直接の戦闘描写はないが、『エクステンデッド・エディション』にて、アイゼンの浅瀬の戦死者の中から、エオメルたちが瀕死のセオドレドを発見し、エドラスに運び込むところが描かれている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』の主人公は、2月25日に行われたアイゼンの浅瀬の第一の合戦に参戦しセオドレドをみとった後、ロスローリエンから大河を渡り指輪所持者一行の痕跡を訪ねそのほかいろいろいろいろな出来事にかかわって、それでも3月3日の角笛城の合戦に間に合ったんですね。いくら2月が28日ではないとはいえ、まさに「翼ある足と申し上げたい」。 -- 2014-09-13 (土) 22:43:22
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2014-09-13 (土) 22:43:23 (1378d)