いとしいしと

概要

カテゴリー言葉・単語
スペル(my) precious
異訳僕チン、愛シ子ちゃん

解説

ゴクリ一つの指輪を呼ぶ言葉。「いとしいひと」ではなく「いとしいしと」なのは、my precioussssと時折原文で摩擦音が強調されているものを瀬田貞二が日本語的に再現したため。
ゴクリは自己と指輪を半ば同一視し、指輪に向かって絶えず独り言のように話しかけることを常としていた。そのため「いとしいしと」は指輪への呼びかけであると同時に彼自身への呼びかけでもあり、一人称も基本的に「わしら」と複数形を使用した。*1

「いてて、ス、ス、ス! 気いつけろ、いとしいしと! 急がば、まわれ。わしら、首根っこ折るようなしどいことしちゃなんねえぞ、いとしいしと、なんねえとも、いとしい――ゴクリ!」*2

山本史郎原書房)訳の旧版では「僕チン」とされていたが、新版では「愛シ子ちゃん」に修正された。

「いとしいもの」

『サウロンのありとある業のうちにて唯美しきはこれのみ。このものを贖うに、大いなる痛手をはらいたるも、予にとりていとしきものなればなり。』*3

「いっときますが、これはわたしの物ですからね。わたしの持ち物、わたしのいとしいもの。そう、いとしいものなんだ。」*4

一つの指輪を「いとしい(precious)」と表現したのはゴクリだけではない。

イシルドゥアは、一つの指輪について記述した巻物の中でそれを予にとりていとしきもの(precious to me)と呼んでおり、これが彼の手に入ることになったサウロンとの戦いで弟アナーリオンと父エレンディルを喪ったにも関わらず、なおそう感じられると書き残している。

ビルボ・バギンズもまた、誕生祝いの後に指輪を手放すことをガンダルフに迫られた際、激昂してわたしのいとしいもの(my precious)と口走った。指輪に対してビルボがゴクリと全く同一の表現を用いたことはガンダルフを愕然とさせ、この指輪が健やかならざるものであるという彼の疑惑を確信に変える決定打となった。

映画『ホビット』ではスマウグも、正体は知らぬものの一つの指輪の存在を感じ取り「いとしい……」と表現している。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 友達がこの映画についていってた。友達はいとしいひとと聴き間違えてるみたい。教えてあげよう! -- 2012-07-20 (金) 12:00:34
    • たぶん友達は映画『王の帰還』の「1. 指輪との出逢い」の途中までしか観てないんでしょう。あそこの1回目では、まだ「いとしいひと」ですから。 -- 2012-07-21 (土) 19:30:19
  • 秀逸 -- 2012-07-22 (日) 20:57:13
  • 英語のテストでpreciousの訳にこれ書いたやつが昔いたなぁ・・・www -- 2015-04-02 (木) 20:39:51
  • 「轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス!」  というのを見かけて笑った記憶があります。 -- 2015-04-02 (木) 20:42:42
  • この言葉だけでゴラムの、あの不気味な笑顔が見えてくる。いとしいしとかわいいよぺろぺろ・・・と指輪に執着した姿も想像できる。 -- 2015-04-03 (金) 08:30:56
  • ゴラム江戸っ子説 -- 2015-07-05 (日) 13:30:47
  • ゴクリ、イシルディア、ビルボ、と持ち主がかわっても皆ひとしく「my precious」と呼んでしまうのはなにかの呪いみたいなものなんですかね。サウロン自身が指輪をそう呼んでいたのがしみついてるとか -- 2016-04-11 (月) 00:11:12
    • あとフロドと、持ち主じゃないけどボロミアとサルマンもひょっとしたらそう呼んでいたのかもしれないですね -- 2016-04-11 (月) 00:13:48
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 ホビットの冒険』の初版ではゴクリの自分自身に対する呼びかけだったが、第2版(1951)でなぞなぞ遊びの場面が改訂され、指輪に対する呼びかけにもなった。
*2 指輪物語 二つの塔』「スメアゴルならし」 岩壁を這い下りようとするゴクリの独り言。
*3 旅の仲間』「エルロンドの会議」 イシルドゥアの巻物にあった言葉。
*4 旅の仲間』「待ちに待った誕生祝い」 指輪を手放すことを拒むビルボの言葉。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-15 (日) 01:13:03 (617d)